情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

レンジローバー レンジローバーとレンジローバー・スポーツの2016 年モデルを発売

2015年10月2日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レンジローバー SVAutobiography

レンジローバー SVAutobiography

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年10月1日、同社のラグジュアリーSUVのレンジローバーと、プレミアムスポーツSUVのレンジローバー・スポーツの2016年モデルを発表。同日より発売も開始した。2016年モデルでは、ジャガー・ランドローバーが誇るスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)部門でエンジニアリングなどを担当するチームが設計・開発を手がけた最上級モデルSVAutobiographyやSVRをはじめ、新たなグレードを設定し、ラインアップを拡充している。

レンジローバーに追加されたSVAutobiographyは最高出力550ps、最大トルク680Nmまで高めた5.0LのV8スーパーチャージド・エンジンを搭載。専用デザインのフロントグリルや22インチのアロイホイールなど、ラグジュアリーかつパワフルな外観に仕上げている。またリアバンパーの下で足先を動かすだけでテールゲートを開くことができるハンズフリー パワーテールゲートを標準装備し、さらにオプションで耐久性の高いアルミニウムフレームとオックスフォードレザーを使用した高級感漂うイベントシートを追加することができる。

レンジローバー・スポーツ SVR

レンジローバー・スポーツ SVR

一方、レンジローバー・スポーツの2016年モデルには、SVOが手がけたSVRと、3.0LのV6スーパーチャージド・エンジンに独自のシャシセッティング、ダイナミックなデザイン要素を盛り込んだHSTが加わり、ラインアップは5機種に拡大。SVRはレンジローバーSVAutobiographyと同じ仕様の5.0LのV8スーパーチャージド・エンジンを搭載。0~100km/h加速は4.7秒、最高速度は260km/h(リミッター作動時)を発揮する、ランドローバー史上で最速のハイパフォーマンスモデルだ。

テールゲート・イベントシート(オプション)

テールゲート・イベントシート(オプション)

ちなみにニュルブルクリンク北コースでは8分14秒のラップタイムを記録し、SUVのレコードを更新している(2014年8月時点)。グロスブラック・メッシュ仕様の大型グリルをはじめ、21インチのアロイホイール、ホールド性の高いパフォーマンスシート、滑りやすい路面や下り坂でもステアリング操作のみで一定速度で低速走行ができるオールテレイン プログレス コントロール システム(ATPC)、ハンズフリー パワーテールゲートも標準装備している。

レンジローバーとレンジローバー・スポーツの2016年モデルについて、価格とラインアップは以下の通りだ。
Range Rover_04Range Rover_05

レンジローバー・アーカイブ

レンジローバー中古車情報

レンジローバー公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる