情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ブリヂストン 水素ステーションで使用する高耐圧性の水素充填用ホースを新発売

2015年10月2日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブリヂストン 水素ステーションで使用する高耐圧性の水素充填用ホース

水素ステーションでの水素充填に使用される高耐圧ホース

2015年9月29日、ブリヂストンは新開発した水素ステーションなどで燃料電池自動車に水素を充填する際に使用される高耐圧性の水素充填用ホースを発表し、販売を開始した。

水素ステーションでは、ホースを使用して水素をタンクから車両に充填するが、水素は700気圧(70MPa:メガパスカル)という高圧に圧縮されているため、使用するホースには高耐圧性が求められる。また充填圧力を高めることで水素の充填量を増やすことができ、航続距離延長や充填時間の短縮が期待できるため、最高圧力が82MPaまで上げられることも想定されている。

水素用のホースは700気圧以上という高圧に対する耐性だけでなく、水素脆化(水素分子に侵食されて脆くなる現象)に対する耐性、水素分子は微小のためガスがホースを透過しやすいためガスの透過抑制も求められる。

水素充填用高耐圧ホースの基本構造

水素充填用高耐圧ホースの基本構造

高圧に耐えるため6層の高張力鋼ワイヤーを採用し、内面は樹脂製としてガスの透過や水素脆化を抑制し、さらに充填作業や格納時の取り扱い性をよくするためホースの柔軟性を高める必要もあり、これらの要求を満足させることを目指し開発された。

ブリヂストン 水素ステーションで使用する高耐圧性の水素充填用ホースブリヂストン 水素ステーションで使用する高耐圧性の水素充填用ホース

結果的には、耐圧性能は想定使用圧力82MPaで安全率を4倍とし、破壊圧力は410MPaとされている。また水素脆化の影響をなくし、水素ガス透過率は500mL/hとしている。柔軟性は曲げR200mmとなる、従来の6層構造の超高圧ホースに比べ格段にフレキシブルで取り扱い性に優れている。

ブリヂストン 水素ステーションで使用する高耐圧性の水素充填用ホース

柔軟性をアピールする開発を担当の小坂信広ホース部・部長

新開発されたこのホースは、水素ステーションで使用されるが、現時点ではステーションは全国で100ヵ所の開設が目標とされているレベルだが、2030年頃にはFCV車両が50万台、水素ステーションは全国に3000ヵ所と推定され、需要の拡大が期待されている。

ブリヂストン アーカイブ
ブリヂストン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる