Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

レクサス RC Fを一部改良し、RCには2.0LターボのRC200tを追加

2015年9月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RCF_01
2015年9月17日、レクサスはスーパースポーツカーのRC Fを一部改良するとともに、そのベース車ともいえるスポーツクーペのRCに2.0L直噴ターボのRC200tを新たに追加設定。さらにRC350とRC300hを一部改良して、10月1日より発売を開始する。

まずRC Fについてだが、今回の一部改良ではリヤサスペンションアームとブッシュの変更を行なって、高い次元で乗心地と操縦安定性のバランスを確保。 また2UR-GSE型エンジンについては、組み立て後に1基ずつエンジン回転バランスを調整する専用工程を追加。アクセルを踏んだ瞬間から感じるV8エンジン本来の滑らかさと良好なレスポンスを、さらに追求したとしている。

またブレーキキャリパーのロゴを「LEXUS」からレクサススポーツの象徴である「F」に 変更。さらに高性能ブレーキの存在を際立たせる“F”専用オレンジブレーキキャリパー(前後とも)をオプション設定した。さらに外装においては、4連エキゾーストディフューザーの意匠を変更。室内では直線基調のアルミ製スポーツペダル&フットレストを新たに採用した。

希望小売価格については以下の通りで、RC F/同カーボン・エクステリア・パッケージともに1.0万円ずつのアップとなっている。
RCF_price

レクサス RC200t

レクサス RC200t

スポーツクーペのRCに新たに追加されたRC200tは2.0L直噴ターボエンジンを搭載。ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-iWを組み合わせるとともに、最適な燃焼効率を実現するD-4STを採用。低回転域から強大なトルクを発生させて、滑らかな加速フィーリングを実現している。

RC200t_SPEC
トランスミッションは8-Speed SPDSを搭載し、本格的なスポーツドライビングを訴求。フットワークではフロントパフォーマンスダンパーを標準装備し、ハンドリング特性をシャープに磨き上げ、 高い操縦安定性を確保している。

RCではそのほか、RC200t “F SPORT”に後輪左右の駆動トルクを適切に配分して高い走破性と優れた操縦安定性を実現するトルセンLSDと、“F SPORT”専用オレンジブレーキキャリパー(前後とも/フロントはLEXUSロゴ入り)をオプション設定した。

さらにRC350 “F SPORT”には、フロントパフォーマンスダンパー、トルセンLSD、“F SPORT”専用オレンジブレーキキャリパー(前後とも/フロントはLEXUSロゴ入り)を今回からオプション設定している。そのほか外板色にはソニッククォーツを新たに加えた全10色を設定している。

希望小売価格については以下の通りで、RC350とRC300hについては従来と同じで変更はない。
RC_price

レクサス・アーカイブ

レクサスRC中古車サイト

レクサス公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる