情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【繁浩太郎の言いたい放題コラム】第15回 電気自動車はどこに向かう。パーソナルEVなど革新の時代か?

2015年9月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

繁浩太郎コラム EVの方向性 003

今回の言いたい放題コラムでは、電気自動車(EV)について書いてみたいと思います。現在、各自動車メーカーから発売されているEVは変な言い方ですが、自動車の形をしています。

●現状EVの課題
作り手としては、「今までの自動車と変わりありません、環境性能がいいクルマです」と、今までと同じ土俵で馴染みやすくしてフォロワー層/中間層の多くのユーザー(ユーザー層については下の表を参照)を取り込みたかったのかもしれません。しかしその結果として、ユーザー側もその特性を理解して使用するというよりも、従来の自動車の土俵から見た判断と使用になってしまっているのではないでしょうか?

よって、自動車=EVでは現実とのズレの中で、難しい面が(特に航続距離)出てきて、その結果販売が伸び悩んでいるのかもしれません。つまり、もっとユーザーもEVの本質を理解して使用すればいいし(電池劣化特性や回生を意識した運転)、作り手はEV特性をユーザーに勉強してもらうことから始めた方が良いかもしれないと思うわけです。

もっと言うと、全てを包含した新しいものなら良いですが、そうでなく新しい土俵を作らなきゃいけない「新しいモノ」は、いきなり「普及」を考えるより「先行層」ユーザーからということです。

繁コラム ユーザー層図表

●EVの方向性
さらに、現状のバッテリー技術を肯定した本来的な考え方からするとEVは、現在のような自動車を目指すのでなく、より小さくパーソナル使用等でその真価を発揮するのではないかと私は以前から思っています。なぜなら、航続距離課題→電池の量UP→コスト/WT(重量)のUP→クルマのサイズUPとなってしまうからです。

電池技術的に内燃機関自動車と同じ航続距離は難しいです。また、急速充電を繰り返して長距離移動するのはバッテリーの劣化という視点から良くありません。よって、EVとしては電池の量を少なくした小さなサイズで、近場使用の方向が良いと思うのです。

●乗り物の安全性
ただ、それらは当然今までになかった「乗り物」になり、作る方も使う方もかなり注意してかからないと、せっかくの「乗り物」が、「使えない」となる危惧も出てきます。

大げさでなく、「乗り物」は人を乗せて動くものですから、最終的には怪我や命というものと隣合わせだということです。一方で、世界の多くの人が乗って重宝されているバイクも転倒しますからある意味危険な乗り物です。しかし、作り手も使い手もその事を理解しています。バイクはその世界を長い年月で作ってきました。バイクは危険な乗り物だから「世の中から追放しろ」とはなりません。<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる