情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ボルボ T3エンジン搭載のV40シリーズ ニューボルボの実力

2015年9月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルボT3エンジンV40試乗005

新開発された1.5Lターボエンジンを搭載したボルボV40 T3

ボルボはフォードグループからの独立をきっかけに、自社でエンジン開発が始まり4気筒のガソリン、ディーゼルエンジンを搭載したモデルが続々とデビューを始めている。今回試乗できたのはT3というガソリン1.5Lターボエンジンを搭載するV40で、一般道、高速道路でのテストドライブをしてきた。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

ボルボT3エンジンV40試乗004

ボルボは2013年後半からスウェーデン・シュデブ工場で自社開発のエンジン生産が始まり、国内では2014年2月からT5という4気筒ガソリン2.0Lターボエンジンを導入し、2015年7月にT4、ディーゼルのD4と導入。今回が第4弾としてT3が導入された。

搭載するモデルはV40とV40クロスカントリーで、試乗したのはV40のSEグレード。ボルボはプレミアムセグメントのポジショニングとしており、ライバルはアウディA3、BMW1シリーズ、X1シリーズ、メルセデスAクラス&GLAなどがある。また、近年アップマーケットをターゲットにするプジョー308HB、308SWも比較対象になるだろう。また量販カテゴリーでありながらプレミアムの日常化を謳うフォルクスワーゲン・ゴルフ7もライバルだ。

ボルボT3エンジンV40試乗001

T3エンジンは最高出力152ps、最大トルク250Nmのスペックを持つ

T3エンジンとは
新開発されたT3エンジンを少しおさらいすると、4気筒で排気量は1.5L。シングルターボを搭載。T4、T5の2.0Lエンジンのショートストローク版で、ボア径は2.0Lエンジンから変更はない。ボルボはディーゼルも含め共通部品化を進めており、生産効率も高めている特長がある。つまり構成部品の3/4が共通あるいは類似部品であり、専用パーツが少なく効率、コスト面でのメリットがるわけだ。

エンジンの特徴としてデンソーとの共同開発で200Barという高圧の燃料噴射を持つ直噴エンジンというポイントがある。インジェクターも6個の噴射孔を持つマルチ噴孔で1回の燃焼で最大3回まで噴射するマルチ噴射だ。当然プラグもイリジウムと強化白金を使ったタイプを採用し、燃焼速度やクリーン燃焼という特徴があるエンジンになっている。

出力は152ps/250Nmで6速のアイシンAW製トルコンATを搭載。SEグレードにはパドルシフトが装備される。またドライブモードにはエコ+モード、スポーツモードという3つのモードを備え、エコ重視から走りを楽しむモードまである。

エコ+モードではシフトポイントが変わり、低回転でのシフトとなり、またアクセルの踏み込みに対してエンジンの反応も穏やかに変化する。また、アイドリングのスタートストップ機能では7km/h以下から止まり、積極的にアイドリングストップを行なう。通常のドライブモードでは完全停止のときにだけアイドリングストップが稼動する。

さらに65km/h以上の速度で走行中にアクセルをオフにするとエンジンとミッションはクラッチで切り離され、惰性走行のエココースト機能が働く。これらの機能により燃費を最大5%改善している。

インプレッション
注目はエンジンのパワー。152ps/250Nmのスペックで、V40のエントリーモデル。さらにボルボブランドでもボトムに位置するV40 T3ということだが、プレミアムブランドをライバルとするだけに、期待も大きい。

試乗車は明るい色のファブリックシートのホワイト、ベージュ系の色でまとまったSEグレードで、高級車な印象のあるインテリア。メーターパネルにあるエンジンスタートボタンを押して、始動し、走り出す。

ステアリングも程よく重さがあり、しっかり感のある印象だ。1.5Lターボエンジンは低回転でもトルクを感じさせる制御がされ、市街地走行において小排気量を感じる場面はない。シフトも滑らかに、小気味良くアップシフトしエンジン回転も低いまま走る。<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる