Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ダイハツ 新型軽自動車「キャスト」個性あふれる3バリエーション展開でライバルを追撃

2015年9月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型キャスト。左上は「スポーツ」、右上は「スタイル」手前は「アクティバ」

新型キャスト。左上は「スポーツ」、右上は「スタイル」手前は「アクティバ」

2015年9月9日、ダイハツは新開発した軽乗用車「キャスト」を発表し、同日から発売を開始した。新型「キャスト」は、軽自動車の中で個性をを重視するユーザー層向けに開発され、「アクティバ」、「スタイル」、「スポーツ」(スポーツのみは10月下旬発売予定)という3つバリエーションをラインアップしたユニークなクルマだ。

新型キャストは、個性を重視するユーザーニーズに応えるために「生活を彩る自分仕様の軽自動車」が開発コンセプトとされた。その背景には軽自動車が普及したことで個性、デザインなどを重視するユーザーが拡大しているとの判断がある。スペース効率を極限まで追求する軽自動車はある意味でデザインが画一になりやすい。こうした傾向の中でより個性的な自分好みのデザインを求める声が次第に大きくなっており、これは小型車分野でもひとつのトレンドといえるのだ。

そのため、新型キャストはオーナーに愛着が沸く普遍的な魅力を持ったデザインと質感、多様なユーザーの嗜好に答えるための3種のバリエーション展開、ムーヴから採用した高い基本性能と30km/Lという低燃費を追求している。

ダイハツ キャスト

バリエーションとは、クロスオーバー・デザインの「アクティバ」、都会的で洗練されたエレガントさを訴求する「スタイル」、スポーティな走りをイメージした「スポーツ」の3種類だ。この世界観が異なる3モデルが新型キャストというひとつの枠でくくられているのがユニークである。

■キャスト アクティバ
下回りをガードする力強い樹脂製ガーニッシュ、165/60R15サイズの大径タイヤ、ガンメタリック塗装のボディロワ、サイドドアモール、専用グリルなどを採用したクロスオーバー・デザインを採用する。最低地上高180mm(他のモデルは150mm)と大きくし、雪道や林道などでの走破性能を確保している。

キャスト アクティバ G  SAⅡ(スプラッシュブルーメタリック)

アクティバ G SAⅡ(スプラッシュブルーメタリック)

ダイハツ・キャスト  アクティバ

クロスオーバー風のアクティバ


またアクティバ4WD専用にグリップサポート(電子制御LSD)制御、ダウンヒルアシスタントコントロール(DAC)も採用しており、デザインだけのクロスオーバーではないことを主張している。

アクティバ G SAⅡのシート

アクティバ G SAⅡのシート

アクティバのインスツルメントパネル(シルバー加飾)

アクティバのインスツルメントパネル(シルバー加飾)

■キャスト スタイル
前後のバンパーモールやサイドシル部をメッキ加飾とし、台形フォルムのフロントグリル、15インチタイヤの採用などにより都会的で、低重心の都会的なデザインとしている。

都会派のキャスト スタイル

都会派のキャスト スタイル

キャスト スタイル Gターボ SAⅡ

キャスト スタイル Gターボ SAⅡ


キャスト スタイル のインスツルメントパネル(ライトブラウン加飾)

キャスト スタイル のインスツルメントパネル(ライトブラウン加飾)

キャスト スタイル G SAⅡ のシート

キャスト スタイル G SAⅡ のシート

インテリアは落ち着いた水平基調のインスツルメントパネルに、黒とベージュの2トーン内装色とし、エレガントさを演出。シート表皮はスエード調のファブリックとしている。<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる