情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

BMW X5にコアブランド初のプラグインハイブリッドxDrive40eを追加

2015年9月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bmw x5プラグインハイブリッド 004

プラグインハイブリッド車X5 xdrive40eと開発責任者のゲルハルト・ティール氏

2015年9月8日、BMWはコア・ブランド初のプラグイン・ハイブリッド・モデルとなるBMW X5 xDrive40eを発表。同日から受注を開始し、納車は2015年12月からを予定している。

BMW X5 xDrive40eに搭載されるブラグインハイブリッドシステムは、2.0L直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンに、8速オートマチック・トランスミッションと一体化された高出力の電気モーターを組み合わせたもの。システムトータルの最高出力は313ps、最大トルクは450Nmとなっている。

電気モーターのみでの走行は、MAX eDriveモードでの走行時には120km/hまでの速度域で、最長約31 kmまで可能だ。

今回のプラグイン・ハイブリッド・モデル投入によって、BMW X5はガソリン、ディーゼルと併せて3つのパワートレインをラインアップすることになる。プラグインハイブリッドの燃費はEUテストサイクルで3.3L/100km。

bmw x5プラグインハイブリッド 005

高電圧リチウムイオン・バッテリーはラゲージルームの床下に格納。ガソリン、ディーゼルモデルより床面は2~3cmアップも実用上は問題ない。ラゲージ容量は500~1720L

bmw x5プラグインハイブリッド 001 bmw x5プラグインハイブリッド 006

電気モーターとガソリンエンジンのオペレーションは、車内のeDriveボタンで切り替えが可能で、走行モードは以下の3種類がセレクトできる。

AUTO eDriveは電気モーターとガソリンエンジンが最適なバランスで高効率に連動するデフォルトの走行モード。約70km/hまではゼロエミッション走行が可能となり、70km/h以上の速度、または250Nm以上のトルクが必要になると、自動的にガソリンエンジンが始動する。

MAX eDriveは時速120kmまでの速度域で電気モーターの駆動力のみで走行可能。ドライバーによるキックダウン操作、またはスポーツモードを選択した場合に、エンジンが始動する。SAVE Batteryは、バッテリーの電力を使わずにガソリンエンジンの駆動力で走行するモード。現状のバッテリー残量の低減を抑えて、エンジンブレーキ回生システムによって充電量を最大50%まで増やすことが可能だ。

その他、BMW X5 xDrive40eは、専用サスペンションセットアップが施され、ダイナミック・ダンピング・コントロール(電子制御式ダンパー)と、セルフ・レベリング・コントロール(リヤ)を全モデルに標準装備する。

なおBMWでは今後もプラグインハイブリッドモデルを投入予定で、3シリーズ、2シリーズアクティブツアラー、7シリーズへ順次、プラグインハイブリッドモデルを追加する。

bmw x5プラグインハイブリッド 008

バッテリーは3時間半~4時間で満充電となる

bmw x5プラグインハイブリッド 010

パワーユニットの動作状況や走行可能距離などは車内のモニターで確認できる

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる