Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ポルシェ 2016年モデルの911カレラシリーズを発表 リヤ・アクスルステアを新設定

2015年9月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
911カレラSとカレラSカブリオレ

911カレラSとカレラSカブリオレ

2015年9月7日、ポルシェ・ジャパンは、2016年型となるポルシェ911カレラ、911カレラ カブリオレ、911カレラ S、911カレラ S カブリオレの予約受注を、9月11日から開始すると発表した。

2016年モデルとして登場する911は、革新的な水平対向ターボエンジン、パフォーマンスと快適性が際立つ進化したシャシー、および新しいインフォテイメントシステムなどが採用されている。

特に改良されたエンジンは、パフォーマンス、ドライビングプレジャー、効率性の面でベンチマークを確立するものだ。さらに911カレラの各モデルに初めてオプション設定されるリヤ・アクスルステアは、ドライビングダイナミクスを大幅に向上させている。

911カレラ S

ポルシェ911カレラ S

新しい911カレラのエクステリアでは、4灯式ウエルカムホームライトを備える新しいヘッドライト、リセスカバーのないドアハンドル、縦のスリットを備えたエンジンフード、特徴的な4灯式ブレーキライトを含む新しいテールライトなどの形状がリファインされている。

インテリアは、新たに標準装備されるマルチタッチディスプレイ付のポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステムが採用されている。

大幅に改良されたツインターボエンジンは、感動的なドライビングプレジャーを、さらに引き上げている。リヤに搭載される911カレラのエンジンは、370psのパワーを発生。911カレラSのエンジンは420psとさらに強力だ。両方のエンジンともに排気量は3.0Lで、先代モデル比で20psのパワーアップを果たしている。。911カレラSのエンジンは改良されたターボ・コンプレッサーを備え、専用のエグゾーストシステム、エンジン・マネージメントシステムのチューニングによるものだ。

ポルシェ 911カレラ エンジンポルシェ 911カレラ エンジン

2種類のエンジンのトルクは450Nm、500Nmで、ともに60Nm向上している。いずれも1700rpmという低回転域から5000rpmまでワイドに最大トルクを発生する。同時に最高回転数は7500rpmと高められている。

新型911は、従来モデルと比べて向上した効率性も高められ、例えばモデルによっては、約12パーセントも燃費向上している。

911カレラのPDK仕様車は、今や100kmあたり7.4Lの燃費となっている。一方、911カレラSのPDK仕様車の燃料消費量は7.7L/100km。(いずれの燃費も新欧州サイクル:NEDCによる計測)

ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)とスポーツクロノパッケージを装備する911カレラ クーペの0-100km/h加速は4.2秒。同装備の911カレラSは、わずか3.9秒で0-100km/hで4秒を切った初めての911カレラシリーズとなる。最高速度もさらに向上しており、911カレラは295km/hをマーク。911カレラSでは306km/hに達する。

オプションのスポーツクロノパッケージを選択すると、911カレラのステアリングホイールはモードスイッチが装備される。モードスイッチは、「ノーマル」、「スポーツ」、「スポーツ・プラス」、「インディビジュアル」の走行モードに応じた4つのポジションを持つロータリーリングで構成されている。

インディビジュアルモードでは、装備に応じて、PASM、アクティブエンジンマウント、PDKシフトプログラム、スポーツエグゾーストシステムなどの車両設定を、自分の好みに合わせて調整することができる。

PDK仕様車では、モードスイッチに「スポーツレスポンスボタン」が追加される。このボタンを押すと、追い越しをかける場面などで20秒間の最大加速が得られ、同時にドライブトレーンのセッティングが変更される。

911カレラの運動性能は、オールラウンドスポーツカーのベンチマークであり続ける。すべてのモデルが日常での快適性とサーキットでのパフォーマンスが高次元で両立されているのだ。車高を10mm低くしたPASMシャシー(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム)が、初めて911カレラの全モデルに標準装備された。

同時に、より幅広い特性を持つ新世代のダンパーは、応答特性がいっそう正確になっている。タイヤは転がり抵抗が低減され、より性能を向上させたタイヤを採用。さらに、全てのバリエーションにおいて、リヤホイールの幅が0.5インチ拡大されて11.5インチに。このため911カレラSのリヤタイヤの幅は、これまでの295mmkら305mmに拡大されている。

911カレラSにオプション設定されるアクティブ・リヤアクスルステア、つまり4輪操舵システムは、すでに911ターボ、911 GT3から採用されている。これは911の旋回性能をいっそう向上させることに加え、高速走行時の車線変更において高い走行安定性をもたらす。さらに最小回転径も0.5m減少している。

ステアリングホイールは、標準タイプの直径は375mm。オプションのGTスポーツステアリングホイールは360mm。また新たに日常の実用性を向上させるために、フロントアクスルのストラットに昇降用シリンダーを内蔵した、油圧式リフティングシステムがオプション設定されている。ボタンを押すと、フロントの最低地上高が5秒以内に40mm上昇することで、傾斜の急な車庫の出入口などで車両のアンダーボディが地面に接触することを防ぐことができる。

新型911カレラの各モデルには、オンラインナビゲーションモジュールとボイスコントロール機能を備えた新開発のポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム(PCM)が標準装備される。このPCMにはマルチタッチ対応の7インチディスプレイが備わり、ユーザーは手書き入力をすることも可能。また、Wi-Fiを使用すれば、携帯電話やスマートフォンを接続することもでき、iPhoneをPCMに接続することでApple CarPlayが使用できるようになっている。

911カレラに最新のナビシステムを搭載し、インフォテイメントを充実

911カレラに最新のナビシステムを搭載し、インフォテイメントを充実

交通情報が利用できるようになったナビゲーションも性能は大幅に向上し、Google Earth、Googleストリートビューも初めて組み込まれている。

オプションとしてオートマチックスピードコントロール、アダプティブクルーズコントロール(ACC、PDKとの組み合わせでコースティング機能を装備)、レーダー式レーンチェンジアシストを設定、またマルチコリジョンブレーキシステムを標準装備としている。

ポルシェ 911 カレラ 2016モデル価格表

 

ポルシェ アーカイブ
ポルシェ911 アーカイブ
ポルシェ911中古車情報
ポルシェ・ジャパン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる