情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル 国際福祉機器展に2台の福祉車両とアイサイト体験コーナーを出展

2015年9月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

subaru_hcr01

富士重工業は2015年9月30日、東京ビックサイトで開催される「国際福祉機器展 H.C.R.2015」に出展することを発表した。国際福祉機器展は今回で42回を数え、10月7日から9日の期間で開催される。

富士重工業のブーステーマは、例年同様「出かけることが、好きになる。」で、出かけるよろこびを一人でも多くのユーザーに届けるために、ウイングシート(リフトタイプ)と自走装置を装着した車両を展示。展示されるのは「レヴォーグ1.6GTアイサイト・ウイングシート・リフトタイプ・運転補助装置付」と、「レガシィアウトバック・リミテッド・ウイングシート・リフトタイプ・運転補助装置付」の2台。

subaru_hcr02

レヴォーグ1.6GTアイサイト・ウイングシート・リフトタイプ・運転補助装置付

subaru_hcr03

レガシィアウトバック・リミテッド・ウイングシート・リフトタイプ・運転補助装置付

 

このほか、プロの車いすランナーの廣道純氏の特別映像も放映。これは廣道氏のフォレスター乗車体験や家族と過ごす休日を収録したオリジナル映像で、自身の体験を踏まえたメッセージが届けられる。

また、運転支援システム「アイサイト(ver.3)」の視認体験コーナーも設置。アイサイトの特徴でもあるステレオカメラが歩行者や自転車などの物体を認識する様子を専用モニターで解説する。

スバル・アーカイブ
レヴォーグの中古車情報はこちら
レガシィアウトバックの中古車情報はこちら
スバル公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる