Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

メルセデス・ベンツ Sクラスにディーゼル・ハイブリッド「S 300h」追加 燃費は20.7km/L

2015年8月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ S300h

2015年8月27日、メルセデス・ベンツ日本は、S クラスのラインアップにディーゼル・ハイブリッドシステムを搭載した「S 300h」を追加し、同日から発売を開始した。

メルセデス・ベンツ S300h 発表会

S 300hの発表会で登壇したメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長

「S 300h」は、日本で初めてクリーンディーゼルエンジンに高効率の電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用し、V8型エンジンと同等の圧倒的なトルクによるパワフルな走り、高い静粛性、優れた燃費経済性を実現したモデルだ。

メルセデス・ベンツ S300h

ハイブリッドシステム。モーターはトランスミッションケース内蔵式

S 300hのハイブリッド・パワートレーンは、最高出力204ps、最大トルク500Nmを発生する2.2L直列4気筒のBlueTECツインターボエンジン(OM651DE22LA型)に、最高出力27ps、最大トルク250Nmを発生する電気モーターを組み合わせ、最新のV8型エンジンと同等の圧倒的なトルクを実現。

通常の発進時には電気モーターを使用し、アクセルを踏んだ瞬間からモーターの最大トルク250Nmを生かした爽快な加速が得られる。この段階ではディーゼルエンジンは停止したままで、Sクラスならではの静粛性を守っている。

一方、急発進や追い越し時など、よりパワーが必要な場合には、低回転で最大トルクを発生するディーゼルエンジンも駆動を担当し、電気モーターの駆動アシストも加わることで、圧倒的な加速を生み出すことができる。0-100km/h加速は7.6秒、最高速は240㎞/h。

メルセデス・ベンツ S300h

2.2L・直4ツインターボディーゼル・エンジン

エネルギーフローメーター

エネルギーフローメーター


中・高速での巡航時には、アクセルペダルから足を離すと、トランスミッションのクラッチが切断される。エンジンを駆動系から切り離すことで走行抵抗を低減させるセーリング機能が働き、燃費向上に寄与する。

燃費は、S 300h とS 300hエクスクルーシブはセグメントNo.1のJC08モードで20.7km/L、S 300hロングは19.5km/L(JC08モード)を達成。全モデルがエコカー減税の優遇(重量税、取得税免税)対象となる。ヨーロッパモードでのCO2排出量は120g/㎞だ。

S 300h は、これまでのSクラスと同様にドライバーを支援する「インテリジェントドライブ」を装備している。フロントウインドウ内側のステレオマルチパーパスカメラ、4個の25GHzの短距離レーダー、ラジエーターグリル奥の77GHzの中・長距離レーダー、リヤバンパー中央の25GHzマルチモードレーダーの合計6個から構成される。

これらのセンサーから得られたデータにより、先行車両、横切る車両、後方車両、対向車、歩行者などを検出し、状況を判断して、危険が迫るとアクセル、ブレーキ、ステアリングをアシストする。

S 300hのラインアップは、S 400hと同等の装備レベルを持つS 300h、スポーティなエクステリアと上質なナッパレザーを採用したマッサージ機能付シート、クロージングサポーター、エアバランスパッケージなど装備の充実を図ったS 300hエクスクルーシブ。そして、ロングホイールベースによる広く上質な室内空間にS 550ロングと同等の装備を採用したS 300hロングという3モデルを設定している。

なおSクラスのハイブリッドモデルは、S 300h以外にS 400h、S 500PHV(いずれも日本未導入)もラインアップしている。

メルセデス・ベンツ Sクラス 価格表

 

メルセデス・ベンツ アーカイブ
メルセデス・ベンツ Sクラス アーカイブ
メルセデス・ベンツSクラス中古車情報
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる