情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スズキ 新型ソリオ・ハイブリッドデビュー プラットフォーム、エンジンも一新。詳細解説付き

2015年8月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキ ソリオ

キープコンセプトで、ボディサイズも継承しながら新プラットフォーム、ハイブリッドシステムを採用した新型ソリオ

2015年8月26日、スズキはAセグメントのコンパクト・ハイトワゴン「ソリオ」を5年振りにフルモデルチェンジし、同日から発売を開始した。第4世代に当たる新型ソリオ/ソリオ・バンディットはプラットフォームからエンジンまでを刷新し、さらにベースモデル以外はマイルドハイブリッドを新たに採用している。

全長3800㎜以下、全幅1650㎜以下というAセグメント・クラスで、ハイトワゴン・スタイルのソリオは、スズキの小型乗用車の分野ではハッチバックのスイフトと並ぶ2本柱となる重要な車種だ。またサブコンパクトのクラスで、ライバルが不在という強みも持っている。

スズキ ソリオスズキ ソリオ

そのためニューモデルを開発するにあたり、徹底した市場調査を行ない、「ソリオを凌ぐソリオ」を開発することがテーマとなっている。市場調査では、従来型ソリオは、コンパクトで運転しやすいこと、室内が広いこと、センターウォークスルーであること、両側スライドドアであることが高い評価を得ているが、その一方でラゲッジスペースをより広く、小物入れの工夫、登坂や加速時の余力、サイドのデザインのボリューム感などの要望が多かったという。

スズキ ソリオスズキ ソリオ

それらの理由から、コンパクトさはそのままに「ソリオを凌ぐソリオ」という開発コンセプトに決まったのは当然といえる。

また新型ソリオは、スズキの次世代プラットフォーム&モジュール化戦略のもと、新世代のAプラットフォームを採用し、コンポーネンツのモジュール化と徹底した軽量化を行なっている。さらに燃費でもトップをめざし、K12型エンジンは従来のK12BからK12C型へ、事実上は新設計といえるほどの改良を加え、さらに軽自動車で「S-エネチャージ」と呼ばれているマイルドハイブリッドを改良して採用するなど、キープ・コンセプトではあるが革新的ともいえるモデルチェンジとなっている。

スズキ ソリオスズキ ソリオ

パッケージングでは全長は従来型と同じ3710㎜とし、全幅は5㎜拡大して1625㎜、全高は20㎜低め1745㎜、ホイールベースは+30㎜の2480㎜としている。また回転半径は従来型より0.2m縮小した4.8mとしている。つまりボディサイズはほぼ従来通りでありながら、より広いキャビンを実現しているのだ。

スズキ ソリオスズキ ソリオ

そのためインスツルメントパネルの高さや、前後長を大幅に短縮し、室内長を+400㎜稼ぎ出し、前後乗員距離を55㎜、荷室長を25㎜拡大している。

新しいAプラットフォームは、軽自動車で先行したKプラットフォームと同様の、前後のフレームを連続させた一体タイプとし、軽量Aプラットフォーム化と高剛性化を両立。アッパーボディも含め高張力鋼板は51%採用。その内980MPaクラスの超高張力鋼板は16%に達し、従来型より大幅に採用比率を高め、軽量化を果たしている。

スズキ ソリオスズキ ソリオ

新プラットフォームに合わせサスペンションも一新され、特にフロントのサブフレームの軽量・高剛性化、リヤはトーションビーム式(4WDのみは従来通りのアイソレーテッド・トレーリング・リンク式)とし、横剛性を向上している。

メーカーオプションのメモリーナビ付のソリオMZのインテリア

メーカーオプションのメモリーナビ付のソリオMZのインテリア

スズキ ソリオスズキ ソリオスズキ ソリオ

なお車両重量は従来型比で約100㎏という大幅な軽量化が達成され、4WDを含む全グレードが1000㎏を切っている。これは当然ながら燃費の向上、動力性能の向上に大きく貢献している。100㎏の軽量化の内訳は、パワートレーン系が30%、ボディが30%、シャシーが20%、内装部品系が20%となっている。<次ぺージへ>

スズキ ソリオ 軽量化

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる