情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ミツビシ アウトランダー&PHEV試乗レポート「プレミアムを目指したビッグマイナーチェンジは納得の仕上がり」

2015年8月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミツビシ アウトランダー PHEV マイナーチェンジ 試乗 006

ビッグマイナーチェンジを受けたミツビシ・アウトランダーとアウトランダーPHEVに試乗した(写真はPHEV プレミアムパッケージ)

2015年6月18日に「アウトランダーPHEV」と「アウトランダー」のビッグマイナーチェンジを発表したが、試乗の機会がありテストドライブをしてみた。すると、このガソリン車とPHEVでは意外な裏事情があることが分かった。<レポート:髙橋 明/Aikira Takahashi>

フロントマスクが大きく変わり、アウトランダーの印象も随分と精悍な印象に変わったというニュースはこちらでお伝えしている。一見フェイスリフトだけにも見えるが、このニュースにもあるようにボディにも手が入り、大幅な変更がされていることが分かる。

どういうことか?といえば「正直なところ環境車であるというポイントに絞って開発した先代は、欧州で予想以上に人気になりました。それで、欧州のユーザーからは『もう少しドライバビリティが…』という声を頂き、環境車であってもクルマとしての魅力をきっちり造らないと、欧州では厳しい評価になってしまうことが分かりました」とミツビシ開発本部の上平真氏が言う。

そのため、さまざまな箇所に手を入れることになり、開発チームとしてはフルモデルチェンジ等しいくらいの改良を加えたということになったわけだ。そのビッグマイナーチェンジしたアウトランダーに試乗してみると、意外にもPHEVとガソリン車とでは違いがあり、コンセプトやライバルの設定も異なっていることがわかったのだ。

試乗レポート
まずは、そのフィーリングだが、ガソリン車は24Gグレード。乗り心地はソフトで、穏やかな印象だが、シートはサイドサポートもしっかりありスポーティな印象を受ける。ハンドリングでは最初の切り始めが穏やか、しかし切り足しの部分では初期応答時より速く回頭する。

ミツビシ アウトランダー PHEV マイナーチェンジ 試乗 016

アウトランダー24G ナビパッケージ。ガソリンモデルはフェンダーにモールが装着されるなどPHEVよりもオフロード感を持つ

ミツビシ アウトランダー PHEV マイナーチェンジ 試乗 015

ミッションはCVTを搭載し、パドルシフトを装備。パドルを使うとステップATのようにレスポンスがあり気持ちいいが、アクセルの初期反応が早びらきに反応する。エンジン音はアクセルを踏み込んだ時に多少聞こえるが、だいたいは静かな印象だ。ちなみに装着タイヤはトーヨーブランドでサイズは225/55-18。

ミツビシ アウトランダー PHEV マイナーチェンジ 試乗 002 ミツビシ アウトランダー PHEV マイナーチェンジ 試乗 001 ミツビシ アウトランダー PHEV マイナーチェンジ 試乗 005

というのがおおまかなインプレッションなのだが、気になるのは、過敏な反応と穏やかで大人しい印象の両方の顔を持っている点だ。このあたりを前述の上平氏に聞くと、開発はPHEVを中心に行ない、車両の価格からもライバルを欧州プレミアムブランドとして打ち出すために、しっとりした乗り心地、滑らかに走る静粛性など必須要件を満たすために改良を加えたという。一方ガソリンは量産SUVモデルがライバルであり、クラストップレベルを目指す目標になっているという。

その結果車両重量でPHEVとガソリンでは300kgも異なり、PHEV用に改良したものがそのままガソリン車で使えるということにならず、専用にチューニングする必要があったという。ちなみにガソリンの最軽量モデルは1480kg、PHEVの最重量モデルは1880kgありその差は400kgもある。

そのため、ハンドリングはもちろん、乗り心地も操舵フィールもすべて「別なクルマ」として考え改良をすることになるわけだ。したがって、ガソリン車の目標はクラストップレベルを目指すものであり、ライバルは国産SUVになるだろう。しかしながら、できる限り共通部品は多く利用していかなければ、コストばかり跳ね上がってしまうのは言うまでもない。

こうしたことを踏まえると、ガソリン車のインプレッションは理解できる。クラストップレベルの静粛性があり、乗り心地のソフトな印象もよいベクトルだ。ただ、ステアリング特性だけは制御の修正が望ましいが、これもコラムアシストのサプライヤーを変更したことに起因するというコメントもあり、修正対応は追々やってきそうな印象を受けた。またアクセルレスポンスや操舵に対する車両の動き、というポイントでは俊敏さとダイレクト感といったフィーリングの世界で味付けし、それは開発者の意図を汲んだ仕上げになっているとも言える。<次ページへ>

ミツビシ アウトランダー PHEV マイナーチェンジ 試乗 004 ミツビシ アウトランダー PHEV マイナーチェンジ 試乗 003

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる