情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド試乗レポート スバル式を貫いたハイブリッド

2015年8月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド 試乗記

インプレッサ スポーツ ハイブリッド 2.0i-S アイサイト(クォーツブルーパール)

XVハイブリッドに続くスバルのハイブリッドカー第2弾は、インプレッサ スポーツをベースにしたインプレッサ スポーツ ハイブリッドだ。グレードは2.0iアイサイトと2.0i-Sアイサイトの2機種で、当然ながらインプレッサ・シリーズのトップグレードという位置付けになっている。<レポート:松本 晴比古古/Haruhiko Matsumoto>

というわけで、ハイブリッドだからといって単純に燃費性能に絞ったモデルではなく、走り、充実した装備なども兼ね備えたモデルということになる。例えばインテリアはウルトラスゥエード/合成皮革を組み合わせた専用シートで、インスツルメントパネルやドアなどのトリムはブルーのステッチを採用するなど、見栄えもかなり高められている。

スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド 試乗記スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド 試乗記

スバルのハイブリッドシステムは、CVTトランスミッション内部にモーターを配置し、モーター出力=アシストも変速を介して行なわれるのが特徴だ。そのハイブリッドシステムは、第1弾のXV用を改良し、より幅広くモーターアシスト、ブレーキ回生を利用できるようになっている。

また2014年11月にインプレッサは年次改良を受け、特にシャシーのアップグレードを行なっている。つまりフロントクロスメンバーの補強、リヤではサスペンションリンクの剛性向上とコンプライアンスステアの改良などが行なわれ、このベース・シャシーをハイブリッド・モデルも適用し、さらにハイブリッド専用に静粛性も高められている。

スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド 試乗記スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド 試乗記
スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド 試乗記スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド 試乗記

試乗したのは2.0i-Sハイブリッドだった。タイヤは215/50R17サイズ。つまりベースの2.0iの205/50R17よりワンサイズ太くしている。ハイブリッドでもAWDとし、タイヤもワイド化するなどスバルにおけるハイブリッド車の位置付けがよくわかる。

シート生地や、メーターパネル、インテリアの見栄え、質感も、インプレッサ・シリーズの中にあってトップグレートということが実感できる。<次ページへ>

スバル インプレッサ スポーツ ハイブリッド 試乗記

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる