情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

BMW 2シリーズ・グランツアラー試乗「7人乗りのFFでもBMWらしさ健在」

2015年7月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bmw2シリーズグランツアラー試乗 001

7人乗りのBMW2シリーズ・グランツアラー

プレミアム・コンパクトセグメント初の7人乗りMPVとして注目されている、BMWの2シリーズ・グランツアラーを試乗した。2014年12月にスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)のポジショニングで投入された2シリーズ・アクティブツアラーをややサイズアップし3列シートにしたモデルがグランツアラーだ。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

ボディサイズは全長4565mm(+110mm)×全幅1800mm×全高1645mm(+95mm)、ホイールベース2780mm(+110mm)で( )内がアクティブツアラーのサイズなので、ひと回り大きい。

bmw2シリーズグランツアラー試乗 004

アクティブツアラーよりも一回り大きなボディ

搭載するエンジンは3種類。1.5L・3気筒ターボのガソリンが218iに搭載。2.0L・4気筒のディーゼルターボは218dに、そして2.0L・4気筒のガソリンターボは220iにそれぞれ搭載されている。このディーゼルはアクティブ ツアラーにも同時に搭載し、2015年5月20日から発売されている。

bmw2シリーズグランツアラー試乗 018

1.5L、2.0Lのガソリン、2.0Lのディーゼルと3種類のエンジンをラインアップ。試乗ではディーゼルモデルに乗った

試乗したモデルもこのディーゼル搭載モデルで、これまで3シリーズに搭載している2.0Lディーゼルターボの第2世代エンジンになる。出力は3シリーズ搭載エンジンよりも絞られており、150ps/330Nmというスペック。当然、パワーアップ版が今後3シリーズにも搭載されるだろう。
エンジン型式ではN47D20CからB47C20Aへと変更になった。詳細はこちらに詳しく書かれているので参考にしてほしい。

さて、この2.0Lディーゼルターボに試乗してみると、エンジンの静かさが以前にも増して静かになったという印象。アイドリングから走りだしのわずかな時間でディーゼルであることを感じさせるが、ある程度の速度になるともはや、ガソリンなのかディーゼルなのかは区別がつかない。特にアイドリングストップからの再始動では第1世代のディーゼルより明らかに振動が少なく静かになっている。

扱いやすさという点で見ると、アクセルレスポンスがディーゼルの場合、どうしても鈍くなりがちだが、試乗会場の裾野周辺、東名高速を走る限り、その鈍さは感じない。むしろ低速トルクの太さなどからガソリンエンジンよりもトルクフルで、扱いやすいと感じると思う。<次ページへ>

bmw2シリーズグランツアラー試乗 003 bmw2シリーズグランツアラー試乗 002 bmw2シリーズグランツアラー試乗 005

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる