情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

フィアット まさに公道レーシングカー動画 ドグミッションも選べる2座席スーパースポーツマシン

2015年7月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィアット アバルト 695 Biposto

2015年7月8日、FCAジャパンは、アバルトのニューモデル「695 Biposto( ビポスト)」を、9月1日から販売すると発表した。695 Bipostoはサーキットでも公道でも究極の走りを楽しめる190psの本格的なスパルタンマシンだ。

アバルト 695 Bipostoは、ブランド創始者カルロ・アバルト氏の「Sunday on the track, Monday at the office(日曜日はサーキットへ、月曜日はオフィスへ)」の言葉を具現化したアバルト史上最速のモデルで、1964年のアバルト 695誕生から50周年を記念して、ラインアップされた。

パフォーマンス志向の2シーター軽量モデルとし、4気筒エンジンの出力は190ps、車両重量は乾燥重量997kgとクラス最高レベルのパワーウェイトレシオ(5.2kg/ps)を実現。0-100km/h加速は5.9秒という動力性能を発揮する。ポジショニングはアバルト・レーシング部門が販売するレース専用モデル、アバルト 695 Assetto Corseの公道バージョンとされる。

フィアット アバルト 695 Bipostoフィアット アバルト 695 Biposto

 

モータースポーツ直結の専用装備も695 Bipostoのスタンスを明確にしている。エンジンパフォーマンスの向上のため、大型のフロント・レーシングインタークーラーを採用。同時に、F1やMoto GPなどトップカテゴリーのレース車両に採用されているBMC製カーボンエアクリーナーボックスも装備している。

フィアット アバルト 695 Biposto

まさにレース用のBMC製カーボンエアクリーナーボックス

さらに、よりサーキット走行に特化したフルスペック・モデルは、スポーツ走行やサーキットユースを主眼に開発されたレース用トランスミッション、ノンシンクロのドグリング式トランスミッションを、公道仕様車として世界で初めて採用している。

ノン・シンクロのドグリング式トランスミッションと機械式LSD

ノン・シンクロのドグリング式トランスミッションと機械式LSD

エキゾーストはデュアルステージタイプのAkrapovic製デュアルステージ・エキゾーストシステムを装備し、低回転域から高回転域まで、より高いパフォーマンスを発揮。またバルブの切り替えにより胸のすくアバルト・サウンドを発生する。

フィアット アバルト 695 Bipostoフィアット アバルト 695 Biposto

 

ボディの軽量化のため、OZ Racing製の軽量18インチアロイホイール、アルミ製エンジンフード、チタンホイールボルト採用など、軽量素材を積極的に使用することで、軽量化を徹底している。またフルスペック仕様は、AIM製「データロガーMXL2」、サベルト製4点式シートベルトなどサーキット専用の装備を備え、サーキット走行にもそのまま対応できる。

380_news_05フィアット アバルト 695 Biposto
フィアット アバルト 695 Bipostoフィアット アバルト 695 Biposto

 

アバルト 695 Biposto 諸元表

標準仕様価格:599万4000円(税込み)

フルスペック仕様:845万6400円(税込み)

 

アバルト関連情報
アバルト中古車情報
アバルト公式サイト
695 Biposto 特設サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる