Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

アウディA1フェイスリフト試乗レポート 愛着心湧く魅力的な1.0L TFSIエンジン

2015年7月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSCN1503

1.0L3気筒エンジンを搭載したA1に箱根で試乗してきた

アウディは2015年5月12日にA1、A1 Sportsbackのフェイスリフトを発表し、同年6月18日から発売されたA1に試乗してきた。最大のトピックとなる1.0L・直列3気筒ガソリンエンジン搭載モデルは、アウディらしいのか?<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

試乗はいつもの箱根・御殿場周辺で勾配のきついワインディングもあるエリアだ。A1はアウディのエントリークラスではあるが、プレミアムブランドというポジショニングに変わりはない。そのアウディのエントリークラスの中にさらに、エントリーモデルとして今回の1.0L TFSI・3気筒エンジンを搭載したモデルが投入されたわけだ。したがって価格も249万円というお手頃価格。これまで281万円が最廉価だから、かなり安くなった。

今回のフェイスリフトでの変更点などの詳細はコチラの記事を参考にしてほしい。

DSCN1510

さて、A1というBセグメントのモデルはアウディ・ジャパンにとっても重要な商品で、2011年の国内販売開始以降、販売比率の占める割合が高く、順調に推移しているという。これまで1万7000台以上の販売をし、幅広いユーザーの獲得に成功している。

そして、今回の最廉価モデルとして投入したA1、A1スポーツバックによって間口を広げ、国産車からの乗り換えユーザーをさらに増やしたい狙いだ。そしてA1シリーズの中でのヒエラルキーとしてベースモデルに位置し、新たな顧客開拓の使命を背負っている。その上にはシリンダーオンデマンド搭載となった1.4L TFSI搭載モデルがあり、その上にスポーティな外観と高級なインテリアを持つS-Lineがある。そして頂点にクワトロとMTだけの組み合わせというパフォーマンスモデルのS1があるという構成になっている。

したがって、新規顧客開拓のためのポイントは安くなっても、プレミアムブランドの価値やアウディらしさはあるのか?ということだと思う。アウディに乗り換えるのだから、そのアウディの価値はちゃんとあるのか?という、このあたりを考えて試乗してみた。

試乗車は5ドアのA1スポーツバック。駆動はFF方式で、エンジンは注目の1.0L・3気筒TFSI。それに7速Sトロニック(DCT)が組み合わされ、シフトレバーの+-でマニュアル操作ができる。サイドブレーキはレバーを引き上げるタイプだが、ヒルスタート機能があるので、坂道で下がることはない。もちろん、アイドリングストップも装備だ。

DSCN1526DSCN1505

走りだしは1500rpmで最大トルクを発揮するこのエンジン、力強く感じる。とても1.0Lだとは思えない。そのまま巡航速度まで、ストレスなく力感を感じさせながら加速する。ちなみにスペックは95ps/160Nmで驚くような数値ではないが、特性のつくり方が上手い。スロットルの早開きなども感じず、リニアな加速は気持いい。

そしてなによりも個性的なエンジン音に惹かれる。なんと表現したらいいのだろうか? 言葉では難しいが3気筒エンジンは国内でも軽自動車や一部のリッタークラスに採用されているが、いずれもエンジ音に関しては「聞こえなくていい音」の部類だが、このA1に搭載する3気筒は「聞きたいエンジン音」なのだ。ぜひ、試乗してみてほしい。きっと好きになるだろう。<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる