Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ボッシュ 日本の自動車メーカーとの取引は13%増 電気駆動、自動運転のための技術がスタンバイ

2015年7月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ボッシュのウド・ヴォルツ社長

日本ボッシュのウド・ヴォルツ社長

2015年6月18日、ボッシュ・ジャパンは年次記者会見を開き、ボッシュ・グループの現況がプレゼンテーションされた。ボッシュ本社は、2014年の世界的な景気後退の中にあって、成長目標を上回り、2015年も好調なスタートを切っているという。2014年度のボッシュの売上高は名目上6.3%増の490億ユーロ(約6.7兆円)に達している。そして研究開発費として50億ユーロ(6900億円)を2014年度に投入している。

ボッシュ 年次プレゼンテーション 事業別売上比

事業別の売り上げ比率

地域別の売上比率

地域別の売上比率


またボッシュは、2014年にBSH Hausgerate GmbH、ZFレンクシステムを完全買収した。BSH Hausgerate GmbHはシーメンス系のハウス電装部門で、スマートホームの分野で基盤を築き、ZFとの合弁会社のZFレンクシステムの買収(Robert Bosch Automotive Steering GmbHに社名変更)し、電動パワーステアの分野を拡張し、特に成長分野である自動運転のための製品ポートフォリオを充実させている。

世界市場では、ヨーロッパ、北米、アジアで事業が拡大し、この傾向は今後も継続すると見られている。日本における2014年度のボッシュの純売上高の合計は7%増の3430億円で、ウド・ヴォルツ社長は、農建機用コモンレールシステム、 4輪車、2輪車のアンチロック・ブレーキング・システムや横滑り防止装置ESC、CVTベルトなどの売上が好調だったことが好結果をもたらしたと語る。

またボッシュ・グループの日本の自動車メーカーに対する全世界での売上は前年と比較し、約13%増加している。日本の自動車メーカーは、新興のASEAN加盟諸国の市場では90%のシェアを占めているため、ボッシュは2013年から2014年にかけてタイとインドネシアで生産工場を設立し、日本の自動車メーカーをサポートしている。さらに2015年から2輪車関連事業を独立したビジネスユニット「モーターサイクル・パワースポーツ」として新設し、横浜に本拠地を構え、全世界の2輪車メーカーの要求に応える製品群を拡充していくという。

近未来の自動車を支えるテクノロジーとして、年次記者会見では48Vハイブリッド・システム、360度サラウンド・センサーシステム、次世代ボディコンピューターモジュール、インターネット接続制御ユニット、電動パワーステア(サーボトロニック)そして自動運転へのロードマップがプレゼンテーションされた。

ボッシュ 年次プレゼンテーション 48V

48Vハイブリッドシステム

ボッシュ 年次プレゼンテーション

48Vオルタネーター兼駆動モーター

ボッシュ 年次プレゼンテーション

パワーエレクトロニクスとリチウムイオン電池

 

48Vハイブリッドは、オルタネーター/駆動用モーターを48V化することで、減速回生の拡大、駆動アシストの出力を高め、中小型車の燃費を15%向上させるシステム。システムはDC-DCコンバーター、インバーター、小型リチウムイオン電池から成る。2016年には市場投入が予定されておい、近い将来には大きな市場に拡大すると見られている。なおボッシュはGSユアサと次世代リチウムイオン電池の共同開発を行なっており、リチウムイオン電池のコストの半減を目指している。
<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる