情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

マツダ ロードスター試乗 グレードやMT/ATの違いで2種類の個性を創造

2015年6月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型ロードスターND型試乗レポート001

注目の新型ロードスター。2種類の個性を用意してあらゆるドライバーのニーズに対応。それを実感した試乗だった

新型ロードスターの試乗会が伊豆スカイラインを使って行なわれ、2種類のロードスターを存分に走り込むことができた試乗だった。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

試乗前の説明で今回のND型ロードスターは、「原点回帰を端的に表現したエントリーモデル」Sグレード/AT車と、「最新のマツダブランドのダイナミック性能を表現したスタンダードモデル」の2種類のダイナミック性能の個性を持つモデルがラインアップされていることが明確にされた。

つまり、初めての公道試乗の際に感じたことが誤りではなかったということで、その点が改めてマツダから表明されたのだ。

新型ロードスターND型試乗レポート003

新型ロードスター スペシャルパッケージ(MT車)

新型ロードスターND型試乗レポート002

初代ロードスターよりもコンパクトになったボディ

この個性の違いは、装備の違いやボディ構造の違いで造られ、ユーザーからのNDロードスターに対する要求に全方位で応えようとするものだ。

具体的にはどんな違いがあるのか? ハンドルを握って感じるものなのか? ということでは、Sグレード/AT搭載車の原点回帰モデルは、日常域での路面接地性と挙動の分かりやすさを追求していると説明している。そして最新技術搭載のスタンダードと説明するモデルは、スペシャルパッケージのMT車とレザーパッケージのMT車がそれに相当し、高速域でのスポーツドライビングやFRならではのスロットルによる旋回コントロールの領域の楽しさまでを提供(LSD装着)と説明している。

新型ロードスターND型試乗レポート021

ロードスターの原点に回帰したSグレード

伊豆スカイラインは快適にワインディングが楽しめる絶好のドライブコースだ。試乗日はあいにくの雨ではあったが、その違いが楽しめる試乗だった。

ND型ロードスターはクルマの性格そのものは弱アンダーに造られ、コーナーで二つの個性は明確に違いを感じることができる。試乗はSグレードのMT車とスペシャルパッケージのMT車で、スペシャルパッケージにはLSDとリヤスタビライザーが装着されている。そしてボディのミッショントンネル部に補強のブレースバーが装備されボディ剛性を上げる構造を持っている。

このスペシャルパッケージは、コーナー入口で適度なロールとヨーモーメントを感じながら進入し、スロットルのオンオフでノーズの向きを変えることが可能な、じつにコントローラブルにセッティングされている。リヤの踏ん張りを感じやすく、フロントの舵をアクセルで調整できる。まぁ、LSDをかなりのレベルで効果的に使っていると想像できるのだ。

一方のSグレードMT車は、コーナー進入から出口まで一貫して弱アンダーの走りになるので、丁寧なコーナリングが求められ、ドライビングスキルアップにはもってこいの練習になる。ロールも大きく、ヨーよりもロールを感じながら速度を上げると、アンダー傾向が強くなる。その時点でスロットルを踏んでも閉じても、ノーズの向きは変わらない。アンダーが出続けるだけ。オーバースピードだ。潔くブレーキで減速し、回頭しはじめてから再びアクセルを踏み込む。

<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる