情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【コラム】7.9秒バズーカ!?「マクラーレン675LT」ってなんですの~?@吉田由美

2015年6月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田由美のピンポイント&チャームポイントVOL37

吉田由美コラム マクラーレン675LT 002

今回はマクラーレン675LTのグっときたチャームポイントをご紹介しましょう

 

2015年のジュネーブショーでのワールドプレミアから約3ヶ月、日本でもお披露目された「マクラーレン675LT」を今回はピックアップします。

マクラーレン675LTの、「675」は馬力、「LT」は、ロングテール…つまり、後ろが長いボディスタイルを持つクルマという意味。欧州の車名には、こういったわかりやすい意味のネーミングが多いので、ある意味とても助かります(笑)。

吉田由美コラム マクラーレン675LT 004

現在、マクラーレンと言えば「マクラーレンP1」を頂点とし、「650Sスパイダー/650S クーペ」「MP4-12C」というラインアップですが、P1と650の間にあたるのがこの675TL。その下には、2015年6月に日本でも正式に発表された「540C」「570S」が加わり、マクラーレンのラインアップはますます充実しています。

吉田由美コラム マクラーレン675LT 007

ところで「マクラーレン」という名前は、F1レーシングチームでも有名ですよね。その名を日本で圧倒的に知らしめたのは、80年代後半から90年代の日本で巻き起こったF1ブームでしょう。マールボロカラーのマクラーレン・ホンダが、日本中のF1ファンを熱狂させたのは記憶に新しいはず。それが2015年の今、マクラーレンは再びホンダのパワーユニットを搭載して、F1に参戦しています。

F1などのレースフィールドで培ったノウハウを市販モデルに活かしているという、スーパースポーツカー、マクラーレンは、当時のF1ファンやスーパーカーブームを経験した人たちには、かなり刺さるはずですね。

そして個人的に刺さったのは、リヤスタイルです。マフラーが2本…まるでバズーカ砲みたいに搭載されています。

吉田由美コラム マクラーレン675LT 003

ズドーン、と迫力ある二本出しのマフラー。まるでバズーカ砲みたいですよねー

 

その効果も関係あるのかないのか、3.8L V型8気筒ツインターボエンジンは675馬力をたたき出し、0→100㎞/hはわずか2.9秒。0→200㎞/hまでもたったの7.9秒というハイパフォーマンスなんです。

675LTを見ていると、マクラーレンのデザイン理念、「美しく機能的」は本当なんだなあと実感しますね。では、また次回。

マクラーレン関連情報
吉田由美ピンポイント&チャームポイント バックナンバー
マクラーレン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる