情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ミツビシ  「アウトランダーはここが変わった」ビッグマイナーチェンジのポイントを詳細解説

2015年6月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミツビシアウトランダー改良点詳細018

ビッグマイナーチェンジを受けたアウトランダーPHEV、アウトランダー。その変更点の詳細を解説していこう

2015年6月18日に発表されたミツビシ・アウトランダーのガソリンエンジン車、PHEVのビッグマイナーチェンジではどこが改良されたのかを探ってみた。なお今回の改良のコンセプトは、「ヨーロッパ・プレミアムクラスに匹敵する」デザインや質感の実現を目指して実施されている。

■デザイン
まずエクステリアは、ミツビシの新しいフロントデザインコンセプトで、パジェロにも採用されている「ダイナミックシールド」デザインへと変身している。パワーやハイパフォーマンスを表現するダイナミックで力強い造形とし、押し出し感を強めている。

ライト類ではLEDポジションランプを搭載したLEDヘッドライト、LEDリヤコンビランプを新採用。さらにバンパー下部にスキッドプレート形状を採用することにより、SUVらしいもアピールする。

ミツビシアウトランダー改良点詳細007

ダイナミックシシールドデザインで顔つきを一新したアウトランダー

ミツビシアウトランダー改良点詳細022ミツビシアウトランダー改良点詳細021

PHEVモデルは専用形状のバンパーエクステンションやサイドガーニッシュなど各所を車体色と同色に統一し、一体感のある上質でスポーティなエクステリアに。またホイールは専用デザインの2トーンタイプの18インチアルミホイールを採用した。(「M」はメーカーオプション設定)

ボディカラーはルビーブラックパール、クォーツブラウンメタリックの新色を追加し、従来のカラーと合わせ全7色を設定している。

アウトランダー PHEV(ルビーブラックパール)

アウトランダー PHEV(ルビーブラックパール)

ガソリンモデルは前後バンパー下部やホイールアーチモール、サイドガーニッシュをブラックにした2トーンとしている。ガソリンモデル専用デザインの2トーン18インチアルミホイールも新採用。ボディカラーは、新色のクォーツブラウンメタリックを始め全7色を設定している。

質感が高められたPHEVのインテリア

質感が高められたPHEVのインテリア

PHEVのインテリアは、 シートの表皮デザインや素材を変更し、従来からのスポーティなブラック本革内装に加え、ラグジュアリーなブラウンの本革内装を新採用(「G Premium Package」に標準装備、「G Navi Package」、「G Safety Package」にメーカーオプション)。シートも形状を変更し、乗員の身体にフィットするトリムラインを採用することで、フィット感を向上。また、アクセントとなるステッチをシートやドアトリムに配したほか、シートだけでなく、ドアトリムインサートにもパッドを追加した。

ミツビシアウトランダー改良点詳細005ステアリングホイールは、新デザインの4本スポークタイプを採用。スムースレザーを採用し、シルバーのスイッチ部にクロームメッキ加飾を加えている。メーターフードにもステッチを追加し、「漆箱」をモチーフとした、日本の工芸品のような端正な美しさを追求した新デザインの大型センターコンソール、ブラックストリーム柄の加飾や光輝アクセントを施したインパネ、ドアトリムオーナメントパネルなども採用し、質感を大幅に向上。ガソリン車は、ファブリックシートの表皮デザインを変更し、運転席・助手席のサイド部にステッチを追加。シートクッション部の硬さも改良している。ステアリングホイールは、上質感のある表皮レザーやグリップシェイプを採用する。

ミツビシアウトランダー改良点詳細012

アウトランダーのガソリンエンジン搭載車

メーターフード上面にはブラックのステッチを追加し、本革仕様車にはブラックプライウッド調のインパネ、ドアトリムオーナメントパネルを設定している。

<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる