Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

アルファロメオ アルファのトップレンジに立つ高性能スポーツセダン「ジュリア」が復活 

2015年6月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミラノ近郊のアルファロメオ博物館を舞台にベールを脱いだ新型ジュリア

ミラノ近郊のアルファロメオ博物館を舞台にベールを脱いだ新型ジュリア

FCAグループのアルファロメオにベルリーナ(セダン)、「ジュリア」がついに復活した。アルファロメオ・ジュリアは1962年~1978年まで生産されたスポーツセダンの名称として知られている。そして2015年6月24日、ミラノのアルファロメオ歴史博物館で報道関係者に公開され、アルファロメオのブランドを象徴する、最新の後輪駆動の高性能スポーツセダンとして復活が宣言された。

新型ジュリア グワドロフォリオの開発は、選抜されたエンジニア、デザイナー、デザイナーから構成され、FCA社内で「スカンクワークス」と呼ばれている特命チームにより行なわれた。スカンクワークスという名称は、最も難しく、革新的な技術が必要とされる開発に関わるチームのアメリカ式ニックネームだ。

スカンクワークス・チーム

ジュリアの開発を担当した特命チーム「スカンクワークス・チーム」

また新型ジュリアは、伝統に忠実でありながら新しいパラダイムを体現するニューモデルとして位置付けられ、新たにデザインされたニューエンブレムを装着していることにも注目したい。新エンブレムは外側のデザインはモダン化される一方で、一目で分かる伝統の形状とエレメントは継承されている。

新型ジュリアは、他のアルファロメオと同様に一目で分かるイタリアデザイン、超高出力かつ革新的なエンジン、50/50の完璧な重量配分、独自の技術的ソリューション、最高のパワーウェイトレシオなど、世界で最も魅力あるブランドにふさわしい内容が盛り込まれている。

アルファロメオ 新型ジュリア ミラノ

そしてそのコンセプトは「meccanica delle emozioni(感情を持つ機械)」だ。シートに座るだけで、ドライバーを中心として作られ、感情をかき立てると共に息を呑むドライビングを予感できる感覚に包まれる。繊細なステアリング、応答性の優れたアクセル、迅速に反応するシフトとブレーキがこの感覚を現実のものにする。また後輪駆動と4WDはアルファ ロメオの真のルーツの証であり、ドライビングプレジャーを生み出すための技術的なソリューションとなっている。

ジュリアのエクステリアはイタリアデザインの真髄であるプロポーション、シンプルさ、上質な表面処理を盛り込み、特にプロポーションはクルマ全体の技術的アーキテクチャーの基盤部分であり、50:50の重量配分と後輪駆動、ロングノーズ、ロングホイールベース、ショートオーバーハングというパッケージデザインとされている。そのため、エンジンや主要コンポーネンツはホイールベース内に配置されている。

アルファロメオ 新型ジュリア ミラノアルファロメオ 新型ジュリア ミラノ

搭載エンジンはアルファ ロメオの新しいベンチマークとなるべく、最新技術が投入されている。フェラーリ出身のエンジニアによりチューニングされたこの6気筒のターボ付きエンジンは510psの出力を発揮し、動力性能は0-100km/h加速をわずか3.9秒という驚異的なパフォーマンスを実現している。ハイパワーと強力なトルクにもかかわらず、この新しいエンジンは気筒休止システムを備え、優れた燃費であるという一面も持っている。さらにアルファロメオならではの官能的なサウンドの魅力も併せ持っている。

<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる