Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ブリヂストン 世界唯一のテストマシン「アルティメット・アイ」を公開 最新タイヤ開発の裏側を見る

2015年6月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スーパーGT選手権用のタイヤを装着した「アウティメット・アイ」

スーパーGT選手権用のタイヤを装着した「アルティメット・アイ」。左側が回転するドラム

このほどブリヂストンは、東京都・小平市にある技術センターにある実験設備をメディア向けに公開した。そこには同社のプレミアムブランドの最新「レグノ」を開発してきたチーム・レグノの開発のバックグラウンドであり、レグノの性能を作り出している舞台裏であった。

東京都・小平市にある開発センターブリヂストン 開発センター GR-XI

タイヤの開発現場はクルマの開発と同様に、我々が知ることは難しいが、今回は2015年1月に発売された新製品、「レグノ GR-X1」、「レグノ GRVⅡ」の開発の現場がメディアに公開された。新製品のレグノの開発に使用された世界でも唯一とされるテストマシン「アルティメット・アイ「ULTIMAT EYE)」(タイヤトレッド面挙動計測・可視化装置)の実物も明らかにされた。

ブリヂストン 開発センター アルティメット・アイ

アルティメット・アイは、シミュレーション開と、実タイヤでの計測・可視化により開発の両輪を担う

このアルティメット・アイと呼ばれる試験機はブリヂストンがF1に参戦し、F1タイヤを開発するために導入された試験装置で、直径2mのドラムを回転させて走行中と同じ状態でタイヤのトレッド面の状態を計測し、可視化するシステムだが、その後改良を重ね、多様な種類のタイヤの開発のために欠くことのできない存在となっている。

アルティメット・アイ(タイヤトレッド面挙動計測・可視化装置)の全景

アルティメット・アイ(タイヤトレッド面挙動計測・可視化装置)の全景

計測装置の役割

計測装置の役割


ブリヂストン 開発センター 

タイヤのトレッド面の負荷や挙動を計測システムはこれまでにも存在するが、それは極低速で模擬路面上をタイヤを転動させトレッド面の負荷を計測システムで、ブリヂストンのアルティメット・アイのように高速域、300㎞/h(計測限界は400㎞/h)レベルまでトレッド面の負荷状態を計測できるシステムはなかった。そういう意味で、ブリヂストンが独自開発した世界で唯一の試験マシンなのだ。

アルティメット・アイの稼働状態をモニター室から見る

アルティメット・アイの稼働状態をモニター室から見る

3方向の荷重が計測され計測器に表示される

3方向の荷重が計測され計測器に表示される


この試験機のポイントはドラム面の9ヶ所に3分力センサーを埋め込み、タイヤ側はスリップ角、キャンバー角、ブレーキ、駆動、タイヤなど荷重を変化させながらトレッド面の荷重3分力を計測するものだ。もちろんタイヤ側では走行状態でタイヤにかかる6分力を同時に計測している。

しかも、ソフトウエアにより接地面をマトリクス化し、可視化して表示させることで、トレッドパターンの入力を解析でき、実際にトレッドのブロックパターンごとに発生している負荷がわかるのだ。この試験機での分解能力は、周方向に1/3mm、タイヤ幅方向に1mmだという。

いうまでもなく現在の実際のタイヤ設計・開発ではコンピューターによるシミュレーションが駆使されているが、そうしたシミュレーションと、実際の走行状態での試作タイヤの荷重の解析を行なうという双方をループさせることで、効率的にタイヤ開発を推進することができるわけだ。

アルティメット・アイを使用したパターンの可視化例(ポテンザRE-71R)

アルティメット・アイを使用した走行時のパターンの可視化例(ポテンザRE-71R)

レグノ GR-X1のハンドリング性能向上のために駆使された

レグノ GR-X1のハンドリング性能向上のためにアルティメット・アイによる可視化技術を駆使


担当者の話では、開発・試作のスピーディさが要求されるモータースポーツ用のタイヤの開発はもちろん、BMW i3用の細幅・大径タイヤという全く新しいコンセプトのオロジックの開発、新型レグノのハンドリング性能を高めるための開発ではアルティメット・アイは絶大な威力を発揮したという。

またアルティメット・アイは実際の走行で問題が発生したタイヤの再現を台上で行なうことができるのもメリットだ。したがって、現在ではアルティメット・アイはあらゆるタイヤの開発に欠くことのできない試験装置となっている。

<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる