情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ジャガー・ランドローバー ドライバーとクルマとの新しいインターフェース

2015年6月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャガー・ランドローバー社が県境している「マインド・センス」の概念

ジャガー・ランドローバー社が県境している「マインド・センス」の概念

ジャガー・ランドローバー社は、ドライバーのストレス、集中力の低下などによって引き起こされる事故発生件数を低減させるための新しい安全技術を研究・開発し、その研究概要をテクノロジーショーケースとして公開した。

ジャガー・ランドローバーの「Mind Sense(マインド・センス)」研究プロジェクトは、スポーツ、医療、航空宇宙分野の高度な技術を活用し、ドライバーの脈拍、呼吸、脳の活動状態をモニタリングして、ストレスのかかり具合をはじめ、疲労や集中力低下の度合いを測定することを目的としている。

ジャガー・ランドローバーのリサーチ&テクノロジー担当ディレクターであるウルフガング・エップル博士は、「私たちが取り組んでいる新しい研究のひとつに、ドライバーの注意力と集中力を脳波からどのように測るかということがあります。たとえドライバーが前を向いていたとしても、集中力が欠けていたり、物思いにふけっている状態では、運転に注意を払っているとはいえず、警告表示や音に気づかず、歩行者を把握できない可能性もあります。私たちはそうした状況を特定し、事故発生を防止できるかを検討しています」

ジャガー・ランドローバーが推し進めている「Mind Sense(マインド・センス)」研究とは、運転中のドライバーが運転以外のことを考え始めたり、眠気を感じ始めたことを示す脳波を、車両が効果的に読み取るということが目的とされる。

ジャガー・ランドローバー マインドセンス

人間の脳には、4種類以上の脳波がさまざまな周波数で絶えず流れている。どの種の脳波が優勢かを継続的にモニタリングすることで、車載コンピューターはドライバーが集中しているか、ぼんやりしているか、眠気を感じているか、または他に気を取られているかを判別する。

「脳の活動状況から、ドライバーがぼんやりしていたり集中していないことを感知すると、ステアリングホイールまたはペダルを振動させて注意を促し、再度運転に集中させます。車両が警告表示や音を出した後も、脳の活性化が検知できなかった場合、再度表示を出すなど、さまざまな方法でドライバーとのコミュニケーションを試み、危険の可能性をより確実に認識できるようにします」とエップル博士は語る。

脳波を測定する方法として最も一般的なものは、センサーを取り付けたヘッドバンドを装着するが、この方法はドライバーにとって実用的でない。そこでジャガー・ランドローバーは、NASAがパイロットの集中力を高めるために採用し、米国のボブスレー・チームでも導入している手法に着目し、研究を行なっている。

その手法とは、ステアリングホイールに埋め込まれたセンサーを通じて手から脳波を測定するというもの。センサーがドライバーの頭から離れているため、シグナルを増幅させ、背景の「ノイズ」から脳波だけを抽出するソフトウェアを使用する。この研究は現在、ユーザーによる試験運用をしており、ステアリングホイールから得たさまざまな脳波に関する詳細な情報を収集している。

<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる