Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ オーリス試乗。ダウンサイジング1.2Lターボエンジン搭載で欧州Cセグとガチ勝負も…

2015年6月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ オーリス 試乗 008

ダウンサイジングエンジンを搭載したオーリス。海外で強豪のCセグメントと勝負する渾身の1台を徹底チェックした

トヨタは本格的ダウンサイジングターボ、1.2Lエンジンにターボを組み合わせたエンジンを、オーリスに搭載した。オーリスは欧州など海外市場を意識したモデルで、ライバルは量販のCセグメントモデルとなる。それだけに高いレベルの性能が求められるオーリス、新搭載のこの1.2Lターボはどうなのか? 試乗して確認してみた。
<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

欧州Cセグメントはフォルクスワーゲン・ゴルフで代表されるように、「高級の日常」を掲げ、大きく変化し、過酷な競争が続いているセグメントである。このマーケットで戦うにはかなりのレベルでないと厳しい。ゴルフ(264万円~)はもちろん、シトロエンC4(287.6円)フォード・フォーカス(286万円~)がライバル。いずれもダウンサイジング・エンジンではひと足先に市場投入しており、トヨタはやや遅れての投入となった。

トヨタ オーリス 試乗 013オーリスは一部地域ではカローラ・ハッチバックの名称も使用されるが、プラットフォームは新MCプラットフォームを採用している。

新開発の1.2Lターボエンジンの詳細はこちらに詳しく説明している。欧州マーケットで販売するため、燃料もハイオクガソリン仕様であり、国内で販売するには少しマイナス要素となってしまう。

トヨタ オーリス 試乗 007

トヨタ新開発の1.2Lガソリン+ターボ。ダウンサイジング・エンジンだ

そのエンジンフィールだが、ライバルたちは滑らかで静か、そして低速からのトルクフルなエンジンフィールを持っているが、オーリスはザラツキ感があり、低回転でのトルク感も少ない。遅れての市場投入だけに、少し残念だ。

トヨタ オーリス 試乗 010

安全運転支援システムはコンチネンタル社の「Toyota Safety Sence C」を搭載

スロットルはやや早開きの設定をしているものの、自然なフィールを重視したセッティングだ。そのため、出だしでのもたつきを感じることもなく、加速できる。組み合わせているミッションはCVT。7速のステップフィールがあり、パドルシフトを使ったダウンシフトではCVTであることを感じさせない。だが、アップシフトではややすべり感があり、CVT特有のフィールが残っている。

<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる