情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ グレイス試乗レポート 内外装に高級感を演出。今後は制御の熟成に期待したい

2015年6月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダグレイス試乗インプレッション002

2014年12月に発売になったグレイス。改めてこの機会に乗ってみた

2014年12月に発売されたホンダのコンパクトセダン、グレイス・ハイブリッドを改めて試乗してみた。詳細はこちらで解説しているので、詳しいデータはリンク先記事を参照してほしい。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

グレイスは、フィットと同じプラットフォームを使い、ボディサイズは全長4400mm×全幅1695㎜×全高1475㎜(4WD:1500㎜)、ホイールベース2600㎜で、5ナンバーのB/Cセグメントのセダンとしてデビューした。インドやタイでは「シティ・セダン」のネーミングで販売されており、2014年末、国内にはグレイスの名前でハイブリッドのみの販売が始まった。しかし、2015年6月には1.5L+CVTのガソリンモデルも国内販売が始まり、ラインアップは拡大した。

ホンダグレイス試乗インプレッション004

セダンらしくまとまったデザイン。フィットベースというイメージよりも大きく見せる演出も効果的

ホンダグレイス試乗インプレッション001エクステリアはセダンとしてまとまったデザインで、フィットと兄弟車であることを感じさせない大きさと、雰囲気を持っている。真横から見てもセダンらしいルックスとAピラーからルーフ、Cピラー、テールへと流れるラインは美しい。

インテリアはこのクラスには珍しくレザーシートが設定され、高級な印象がある。全体に外観と同様落ち着いたインテリアデザインにまとめられ、年配者らの印象もいいだろう。メーターもハイブリッド車でありながら、情報過多にならず上手に整理されている。しかしタコメーターだけは視認しにくく、イメージをつかむ程度の見せ方になっている。ハイブリッドだけに、「エンジン回転を気にするな」ということなのかもしれない。

ホンダグレイス試乗cap 006

このクラスには珍しくレザーシートを装備

ホンダグレイス試乗cap 001

情報過多になりがちなハイブリッド車だが、整理され見やすいメーター

ホンダグレイス試乗cap 002

エンジン回転はおおまかにしか見えない

 

センタークラスターはナビや空調部はタッチパネルがメインで採用されている。実はこの操作系は使いにくかった。まず、利き手とは逆の左手で操作するので、ミスタッチが多いことと、レスポンスもイマイチよくない。以前カローラの試乗レポートでも書いたが、走行中に操作する空調やラジオ、オーディオのチャンネル切り替え、ボリュームなどはわかりやすさと誤操作の起きにくいインターフェイスが望ましい。事故に結びつくこともあり、つまらないことでリスクは増やしたくない。カローラはこのあたりの研究もしっかりされていて、アナログ操作とタッチパネルをうまく組み合わせているのだ。

それとシフトのPポジションが分かりにくかった。地下の駐車場など少し暗い所に入ると、まったく見えない。ポジションランプをつけても明るいところから急に暗くなるので、目が慣れるまでPが見つからないということを経験した。人間の研究ということなのか、すこし実用的ではない部分があった。

ホンダグレイス試乗cap 008

ナビと空調もタッチパネル。見た目はカッコいいが使い勝手に難がある

ホンダグレイス試乗cap 007

パーキングボタンが薄暗いところでは見えない。Sモードと間違えることもしばしば

 

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる