情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ カローラアクシオ試乗レポート コンサバな普通を極めたマイチェンカローラ

2015年6月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ カローラ アクシオ試乗レポート014

マイナーチェンジで一気に売り上げを伸ばしたカローラ・アクシオ。その秘密を探るために試乗してみた

人気量販モデルのランキングで5位近辺にいた、カローラがマイナーチェンジ後一気に2位に浮上。トップはアクアで変わらずだが、プリウスやフィットを抑え上位に浮上した理由とは?早速試乗してみた。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

2015年3月30にマイナーチェンジを発表した11代目のカローラには、衝突軽減ブレーキなど安全運転支援機能が搭載され、さらに熱効率No1とされる燃費性能に優れた自然吸気の1.5Lガソリンエンジン搭載などがある(詳細はこちら)。もちろん、人気のハイブリッドモデルも2013年8月からラインアップに加わり、カローラ人気が復活してきた!というわけだ。

今回試乗したのは、この燃費性能に優れた1.5Lガソリンエンジン2NR-FKEを搭載したモデルで、あらためてカローラの人気を探ってみた。カローラは世界150ヶ国で販売されるグローバルブランドだが、国内で販売されるカローラブランドは、国内専用モデルとして扱われている。セダンタイプがアクシオ、ステーションワゴンがフィールダーの名称で販売されている。

トヨタ カローラ アクシオ試乗レポート012

オーソドックスなセダンスタイルが実にカローラらしい

「カローラのライバルはカローラ」と形容されるように、独特のポジショニングでずっとカローラファンというユーザーが存在する。近年ではそのユーザー層も高齢化しつつあり、国内用カローラに求められる性能やデザインは、どうしてもコンサバなものになる。

デザインではフロントロアグリルを大型化したバンパーにしたことで、押し出しの強いフェイスに変わったものの、実用車としてのポジション。かっこいい、カッコ悪いなどの話題はさておき、という印象だ。

トヨタ カローラ アクシオ試乗レポート015

近年の流行に乗って押し出し感の強い大型グリルを採用したバンパー

インテリアはユーザーを研究しつくした痕跡があちこちで伺える。例えば、エアコンの風量調整、デフロスター、内外気循環など運転中に操作するものはアナログで誤操作がおきにくい。使いなれた手の動きと利き手とか関係なく誤操作にならない工夫がある。近年タッチパネルが流行っているが、右利きの多い日本人に左手で運転中にタッチさせるのは誤操作を増やす。そんなストレスをまったく感じない。

トヨタ カローラ アクシオ試乗レポート001

クロームパーツで高級感も演出。シフトはオーソドックスなゲート式

こまかなところでは、アクセル、ブレーキペダルの高さに違和感がなく、速度を一定に保ちやすい足の角度が作りやすい。シフトレバーはデザイン的には古めかしいが、ゲート式でも操作は誰にでも簡単に分かりやすいデザインを取り入れている。サイドブレーキはオーソドックスにレバー式を採用している。

トヨタ カローラ アクシオ試乗レポート005 トヨタ カローラ アクシオ試乗レポート006

<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる