情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

メルセデス・ベンツ 「メルセデス・AMG C63セダン、ステーションワゴン」の全貌

2015年5月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メルセデスAMG C63S エディション1のフロントマスク

メルセデスAMG C63S エディション1のフロントマスク

2015年5月27日、メルセデス・ベンツ日本は、AMGの新ブランド戦略のもと、W205型「メルセデスAMG C 63」を発表し、同日から受注・発売を開始した。発売が開始されるのはまずC63Sセダンの初期限定モデルのエディション1で、C63Sエディション1のステーションワゴンは6月中旬から、そしてC63、C63Sは10月からの発売となっている。

C63シリーズ発表会に登壇した上野金太郎メルセデス・ベンツ日本CEO

C63シリーズ発表会に登壇した上野金太郎メルセデス・ベンツ日本CEO。AMG専用店「AMGパフォーマンスセンター」を2015年内に30拠点、2020年までに40拠点に拡大する計画だと発表した

メルセデス・ベンツにおけるAMGの位置付けは、これまでのメルセデス・ベンツ傘下のAMGから新たにメルセデスAMGに変更され、メルセデス・マイバッハとともにサブブランドを形成する。そのため、車名もこれまでのメルセデス・ベンツC63 AMGから、今回新登場のW205型からメルセデスAMG C63に変更されている。

メルセデスAMG C63S セダン エディション1

メルセデスAMG C63S セダン エディション1

メルセデスAMG C63S ステーションワゴン エディション1

メルセデスAMG C63S ステーションワゴン エディション1

C63S エディション1のインテリア

C63S エディション1のインテリア

車名は変更されても、もちろんこのニューモデルは、メルセデス・ベンツとAMGがこれまで築き上げてきたストーリーを受け継ぐモデルと位置付けられ、AMGの名称を付けたモデルの中では世界的に最も量販されるモデルである。

新型メルセデスAMG C63の特長は、新開発AMG 4.0L・V8直噴ツインターボエンジンを搭載したことだろう。これまではM156型系の6.3L・V8を搭載してきたが、ついにダウンサイジングを行なったわけだ。このエンジンは先に発表されたAMG GT用と共通のファミリー、M177/178系となる。

メルセデスAMG C63  M177エンジンメルセデスAMG C63  M177エンジン

AMG GT用のM178はピュアGT用としてドライサンプ化されて462ps/600Nm。GT S用は510ps/650Nmの出力を発生するが、C63用のM177型はウエットサンプ式で476ps/650Nm、C63Sは510ps/700Nmとより出力を高めている。ちなみに。C63Sの0-100km/h加速タイムは4.0秒だ。

メルセデスAMG C63  M177エンジンメルセデスAMG C63  M177エンジン

エンジンの構造は、砂型鋳造されたクローズドデッキ/スチールライナーレスのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミ製ピストンを組み合わせた軽量、高強度なエンジンだ。シリンダー壁面にはスチールカーボン材を溶射コーティングするアーク溶射「ナノスライド」技術を採用し、摩擦低減とシリンダー壁面の耐久性向上を図っている。

メルセデスAMG C63  M177エンジンメルセデスAMG C63 M177

2個のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトで、Vバンク外側に水冷インタークーラー一体型吸気マニホールドを配置。これによりエンジンのコンパクト・パッケージ化とターボへの排気距離を最小化することでレスポンスを向上させている。

なおC63Sはエンジンマウントに磁性流体を使用したダイナミックエンジンマウントを採用した。走行モードに合わせ最適な硬さとして、特にスポーツドライビングにおいて一体感のあるハンドリングを実現できる。

メルセデスAMG C63  エキゾースト

可変フラップを備えたC63用エキゾースト

C63とC63Sは排気パイプ、マフラーに内蔵されるエグゾーストフラップによってエンジン音を切り替えるシステムを装備する。C63は排気管内に1個の連続可変エ キゾーストフラップを備えた「AMG スポーツエキゾーストシステム」を装備。トランスミッションモードに応じた2種類のエンジンサウンドを、AMGダイナミックセレクトスイッチにより切り替 えることができる。C63Sは3個の連続可変エキゾーストフラップを備えた「AMGパフォーマンスエキゾーストシステム」を装備し、トランスミッションモードに応じ、加速時やシフトダウンによる自動ブリッピング時にエモーショナルなサウンドを響かせる。

AMG専用のMCTトランスミッション

AMG専用のMCTトランスミッション

トランスミッションは、従来通りAMGスピードシフトMCTを採用している。通常のATのトルコンの代わりに多版式クラッチを備え、遊星ギヤ式変速と組み合わせ、素早い、ダイレクトな変速を行なうシステムだ。シフトダウン時の自動ブリッピング機能、レーススタート機能も備える。

さらに、高速走行時などにアクセルを閉じるとエンジンとトランスミッションを切り離して燃料消費を抑えるセーリング機能の採用によって燃費を優先する「C(Comfort)」、スポーティなドライビングが愉しめる「S(Sport)」、「S+(Sport Plus)」といった各種パラメーターを個別に設定できる「I(Individual)」の4モードを選ぶことができる。またC63Sは「RACE」モードも設定されている。リミテッドスリップデフは、C63は機械式、C63Sは可変制御できる電子制御式を装備する。

サスペンションには、フロントが4リンク式、リヤがマルチリンク式の「AMGライドコントロール・スポーツサスペンション」を採用。4輪それぞれの減衰特性をボタンひとつで調整できる電子制御ダンピングシステムを採用し、AMG ダイナミックセレクト・スイッチか専用ボタンにより「Comfort」、「Sport」、「Sport Plus」の3モードから減衰特性を選択できる。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる