情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

マクラーレン 世界500台限定モデル「マクラーレン 675LT」がやってきた

2015年5月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャパン・プレミアで登場した、左から名取雅裕氏(オペレーティング・ジャパン・マネージャー)、マーク・ゲイトン氏(675LTプロジェクト・マネージャー、デイビッド・マッキンタイヤー氏(アジアパシフフィック・リージョナルマネージャー)

発表会に登場した、左から名取雅裕氏(オペレーティング・ジャパン・マネージャー)、マーク・ゲイトン氏(675LTプロジェクト・マネージャー、デイビッド・マッキンタイヤー氏(アジアパシフフィック・リージョナルマネージャー)

2015年5月22日、マクラーレン・オートモーティブ・ジャパンは、全世界で500台限定モデルの「675LT」を国内初披露した。マクラーレン675LTは2015年ジュネーブショーでワールドプレミアされ、この日受注を開始した。

マクラーレン 675LT 発表会

675LTの「LT」とはロングテールの意味で、20年前にル・マン24時間レースに出場したマクラーレンのGTスポーツカー、F1 GTRロングテールのイメージを継承したものだ。このことからも分かるように、675LTは650Sクーペ/スパイダーをベースにしながら、よりサーキット走行に特化させたエンスージャスト向けスーパーパフォーマンスモデルである。

675LTの開発テーマは、650Sに比べ大幅な軽量化を行なうこと、サーキット走行での運動性能の向上、エンジン出力などの性能の向上、サーキット走行に適合する空力性能の洗練、超高性能スポーツカーにふさわしいドライバーとの一体感の向上などであったと、開発責任者のマーク・ゲイトン氏は語る。この結果、675LTは650Sと比べパワートレーンの50%、ボディ全体で33%のコンポーネンツが新設計となっている。

マクラーレン 675LTマクラーレン 675LT
マクラーレン 675LTマクラーレン 675LT

マクラーレン 675LT

軽量化では、650Sに対し100㎏に及ぶ軽量化が行なわれ、乾燥重量は1230㎏となっている。軽量化は、エンジン関係で軽量コンロッド、チタンマフラーの採用などで10%、ボディパネル、薄厚のガラス関係で35%、シャシーではサスペンションやアップライト、ホイールなどで30%、装備では軽量スポーツシートやエアコンレスとするなどし20%、電装系で5%の軽量化を行なったという。

フロント、リヤ周りのボディパネルやバンパーなどはすべてカーボン製で新作され、アンダーフロアカバーもカーボン製。エンジンカバーはポリカーボネイト製だ。なおアウターパネルだけではなくモノコック本体ももちろんカーボン製だ。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる