情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

BMW 「1シリーズ」を大幅改良 セグメントNo1の充実装備

2015年5月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMW F20 新型1シリーズ

2015年5月14日、BMWジャパンは、エクステリア、インテリアのデザインを一新するとともに、標準装備を大幅に充実させた2015年型1シリーズを発表し、5月23日から発売する。

Cセグメントの5ドアモデル、1シリーズは2004年に初代が発売され、2代目となるF20型の現行モデルは2011年に発売されている。したがって今回は4年振りの大幅な改良モデルとなる。

BMW F20 新型1シリーズ

BMW F20 新型1シリーズBMW F20 新型1シリーズ

今回登場した新型1シリーズは、最新の3シリーズなどと共通の新世代のBMWデザインを全面的に採用。デザインテーマは精密さと詩情感の両立だという。これまで1シリーズは他のシリーズとは異なる独自路線であったが。今回のデザイン変更で3シリーズと共通したテイストを濃くしている。リヤデザインもL字型LEDテールライトを新採用している。

画像は左ハンドルだが、日本導入は右ハンドルのみ

画像は左ハンドルだが、日本導入は右ハンドルのみ

1シリーズは、Cセグメント唯一のFR駆動、8速ATを搭載。ラインアップは、1.6L直噴ターボを搭載する118i、よりハイパワーの1.6L直噴ターボを搭載する120i、直列6気筒の3.0L直噴ターボエンジンを搭載するM135iの3機種に変更はないが、120iと135iは両方とも6psパワーがアップしている。

118i Mスポーツ

118i Mスポーツ

エンジン・オート・スタート/ストップ機能、燃費の良い走りをサポートするコースト機能付きECO PROモードなども採用し、118iはJC08 モード燃費16.6km/L、120iは従来モデルから0.2km/L向上の16.8km/Lとし、「平成27年度燃費基準+10%」、「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」を達成。エコカー減税対象モデルとなっている。

118iの縦置きマウントの1.6L直噴ターボエンジン

118iの縦置きマウントの1.6L直噴ターボエンジン

今回の改良ではデザイン変更以外では装備の重視がメインで、ベースグレード以外はこれまでも標準装備の「iDrive ナビゲーション・システム」+高解像度「8.8インチ・コントロール・ディスプレイ」に加えて、歩行者検知機能付きの衝突回避・被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報、LED ヘッドライト、ITSスポット(DSRC)対応機能付きのETC車載機システム、常時無線通信を行なうBMWコネクテッドドライブ・スタンダードなどを標準装備化した。Cセグメントの中で傑出した標準装備内容となっている。

BMW F20 新型1シリーズBMW F20 新型1シリーズ

なおエントリーグレードの118iスタンダードのみはこれらの標準装備レス仕様とし、価格は298万円と300万円を切る価格設定としている。118i、120iのデザイン仕様は、スタイル、スポーツ、Mスポーツの3種類から選択できる。

BMW 1シリーズ諸元表

BMW 1シリーズ価格表

BMW 1シリーズ関連情報
BMW関連情報
BMW 1シリーズ中古車情報
BMWジャパン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる