Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ シャトル試乗 今後の熟成を見守りたい新型コンパクトワゴン

2015年5月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャトル試乗レポート003

フィットから独立した新型コンパクトワゴンのシャトル

コンパクトサイズのステーションワゴンタイプとして、フィットをベースとしたホンダ・シャトルに試乗してきた。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

試乗は横浜の市街地で、一般道路と首都高速を使ったコース。信号待ちや交差点の右左折、車庫入れなど日常使いの環境を中心とした試乗だった。試乗モデルは売れ筋となるHYBRID XとトップグレードのHYBRID Zの2モデルに試乗した。シャトルには他に1.5Lのガソリン自然吸気エンジンを搭載したベースグレードGも設定されているが、今回は試乗できかった。

シャトル試乗レポート005車両価格はベースグレードのGが169万円からで、トップのHYBRID Zが238万円。中心は219万円のHYBRID Xとなる。シャトルには4WDも設定されている。市場は年間20万台から27万台程度の販売台数規模で、ライバルはプリウスα、カローラフィールダーなどと争うことになる。

ボディサイズは全長4400mm×全幅1695mm×全高1545mm(4WD1570mm)、ホイールベース2530mmだ。開発の狙いに立体駐車場に入ることも視野に入れているが4WDモデルでは1550mmを超えるため、入庫できず残念だ。

シャトル試乗レポート004シャトルの特徴のひとつに、荷室を中心としたユーティリティがあり、使い勝手にこだわったモデルでもある。そしてi-DCDを搭載する省燃費のハイブリッドモデルというのが特徴でもある。いわずもがな、フィットをベースとしたステーションワゴンで、セダンのグレイスなどと兄弟車となる。出力はハイブリッドシステム137ps、エンジン出力110ps、トルク134Nmといスペックで34.0km/Lという省燃費だ。一方の1.5Lのガソリンモデルは132ps/155Nmで21.8km/Lという数値になる。

ハイブリッドの走りだしはモーターが行なうなど特徴的なi-DCDだが、システムを理解していなくても特に違和感なく、普通に反応してくれる。ただ、従来のガソリン車からの比較で言えばすこし、レスポンスの点で穏やかだという印象になるだろう。これは燃費を考えたエコ設定で走行した場合で、Sボタンを押すとレスポンスも良くなる。

また、これまでのi-DCDと違った印象をもったのは、ブレーキのタッチだ。ハイブリッド車は回生システムを持っていることなどから油圧式ブレーキとは異なり、ペダルフィールにもその違いがある。が、だいぶ油圧式ブレーキに近いタッチになっており、好印象をもった。<次ページへ>

シャトル試乗レポート006_ハイブリッド

ハイブリッド車は燃費34.0km/Lを達成した

 

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる