情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

メルセデスAMG GT試乗 270km/hの超高速走行からのフルブレーキング! 本気のスピード体験

2015年5月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
_I7X1750

究極のハイパフォーマンスカー、メルセデスAMG GT。富士スピードウェイで乗ってみた

メルセデス・ベンツ傘下にある、究極のハイパフォーマンスブランドとして、あらたなポジショニングとなったAMGは「メルセデスAMG」となった。そのメルセデスAMG GTを試乗する機会を得た。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

メルセデスAMG GTは2009年のSLS AMGに次ぐ第二弾となるスポーツカーだが、後継モデルという位置づけではない。ポジショニングも新たにAMGブランドは今後、GTファミリーが増え派生モデルもリリースするという。とはいえ、AMGのブランド価値や特徴のひとつでもある、職人による手作業工程の多さや、「one man one engine」というコンセプトはそのまま引き継がれている。メルセデスAMGの詳細については、こちらの記事に詳しいので参照されたし。

試乗はなんと富士スピードウエイの本コース。試乗モデルは462ps /600NmのGTとハイパフォーマンスモデルの510ps/650NmのGT Sがあり、幸運にもGT Sに試乗できた。これだけのハイパフォーマンスモデルの試乗には申し分のないステージが用意されていた。試乗は先導車についてストレートを3本走る、つまり4周するだけだったが、ストレートでは270km/hをマークする本気のスピードを体験できた。DSCN8339

4.0LのV型8気筒直噴ツインターボエンジンに、AMGスピードシフトとネーミングされた7速DCTを組み合わせ、エンジンをフロントミッドシップにマウントし、トランスアクスルレイアウトというハードを揃えている。試乗はまさにピットでのドライバー交代のようにサッと乗り込んで走り出すという、レースほどではないにしろ、じっくり手触りやメーター類のレイアウト、質感などを感じる時間もなく、走り出してしまった。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる