情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

キャデラック エスカレード試乗レポート 成功の証、セレブ御用達の4代目誕生

2015年5月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャデラックエスカレード マニアック評価 試乗 022

キャデラックのフラッグシップSUVエスカレード

アメリカにおける成功者の証として選ばれるブランドにキャデラックがある。そのキャデラックのフラッグシップSUVであるエスカレードがフルモデルチェンジをしたので、さっそく試乗してきた。<レポート:髙橋 明/Takahashi Akira>

4代目となった新型エスカレードのアピールポイントをまとめてみると、エクステリア、インテリア、最新の安全装備、そしてニューエンジンの搭載である。国内導入のグレード展開は上級のプラチナムとプレミアムの2グレードとなっている。

エクステリアはキャデラックブランドとしての統一感あるデザインを持ちつつ、ひと目でエスカレードであることが分かる特徴的なデザインになっている。特に縦型LEDヘッドライトやグリルデザインで、その存在感や力強さなどを感じる。リヤビューではフィンをテーマにした縦型テールランプも個性的だ。

キャデラックエスカレード マニアック評価 試乗 003

フロント、リヤともに迫力ある個性的なデザインが光る

DSCN8086

ボディサイズは全長5195mm×全幅205mm×全高1910mm、ホイールベース2950mmという他に類を見ない大きなサイズだ。ライバルはフォード・リンカーンのナビゲーターくらいしか思いつかない。クルマに近付くとより大きさを感じ、迫力満点だ。運転席からの眺めは、信号待ちで並んだ2tトラックと肩を並べる高さだ。キャデラックエスカレード マニアック評価 試乗 002

ドアを開けると乗りこみ用のステップが自動で出てくる。車内に乗り込むと、豪華な室内が目に飛び込む。インテリアでは高級素材をふんだんに使うことやステッチなど、職人技を駆使したデコレーションをするなど、フラッグシップに相応しいインテリアになっている。フロントシート左右ともにマッサージ機能を搭載し、大きめの容量のある冷蔵庫を設置するなど、長い旅でも快適に過ごせるアイテムも装備している。キャデラックエスカレード マニアック評価 試乗 005

また、フロントウインドウはボディサイズのわりに小さく、車内に入ると明るい解放感とは逆に密室感のある秘密めいた雰囲気を感じる。やはり、同乗者が誰か?分かりにくいほうがいい場合もある。

快適に過ごすために必要な室内の静粛性では、防音を徹底し、動く応接室的な静かさとゴージャスさがある。さらに、フロントウインドウとフロントの左右サイドウインドウにはアコースティックラミネートガラスを採用し、音の侵入を抑えている。また、ボーズ社との共同開発で、アクティブノイズキャンセリングする機能を持っている。ノイズと相対する逆相の周波数によって打ち消す手法ということだ。また、GMとしては30年以上ボーズ社とのかかわりがあり、今回のボーズオーディオでは車両開発の段階から、サウンド作りを共同開発している。

ボーズオーディオで特徴的なのは、サラウンドシステムのアナウンススピークテクノロジーで、より立体的に聞こえ、楽器やボーカルの位置がよりクリアに分かるシステムとなっている。「アフター品よりもいい音で聞こえる」とGMジャパンは自信を見せる。試乗中のサンプルサウンドCDをかけると、そこはすぐにオーディオ・リスニングルームに早変わりだ。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる