情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

アウディ A7スポーツバック試乗レポート フェイスリフトのスポーツバックはより高効率に

2015年5月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
艶消しの「デイトナグレーマットエフェクト」にカラーリングされたRS7 スポーツバック

マット調の「デイトナグレーマットエフェクト」にカラーリングされた迫力満点のRS7 スポーツバック

2015年4月にフェイスリフトを発表したアウディA7スポーツバックは、新たに2.0Lターボが加わり、そして従来のV6型の3.0TFSIもエンジンが改良され出力アップ、燃費向上となって登場。そのアウディA7スポーツバックに試乗してきた。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

試乗は2015年4月。横浜近郊で市街地と高速道路という一般公道での試乗。フィエスリフト詳細はこちらにあるので、参照してほしい。試乗モデルはA7スポーツバック3.0TFSIとRS7である。

パネル間の隙間の狭さ、精巧さも特徴

パネル間の隙間の狭さ、精巧さも特徴

RS7の精緻な仕上げのセンターコンソール

RS7の精緻な仕上げのセンターコンソール


アウディはドイツプレミアム御三家の中でもその組み立て精度の高さや、インテリアの質感の良さなどでリードしており、フェイスリフトした新型アウディA7スポーツバックでも、そのレベルの高さはキープされている。

RS7 スポーツバック

RS7 スポーツバック

最初に試乗したのがRS7。こちらはボンネットやバンパーなどに変更があり、目立つポイントとして、グリルデザインとLEDを使ったヘッドライトに変更されていることだ。このLEDヘッドライトはマトリクスLEDヘッドライトとネーミングされ、A8で導入したパターン照射が可能なヘッドライト。ウインカーも長距離トラックカー御用達の内側から外に向かって流れるように光が点滅するタイプに変更された。

4.0L・V8ツインターボで560ps/700Nm

4.0L・V8ツインターボで560ps/700Nm

Dシェイプ・ステアリング、カーボンパネルを多用したRS7

Dシェイプ・ステアリング、カーボンパネルを多用したRS7


試乗車の外板色は「デイトナグレーマットエフェクト」という艶消しのグレー。ハリウッドを始め超お金持ちの間で流行しているマットボディだ。写真からもわかるように、外板パネルの合わせ目が狭く、クルマがひとつの塊のように見える。バンパー、フロントフェンダー、そしてボンネットのそれぞれの端が接するヘッドライト付近のチリの合わせ方など、じつにきれいに合っている。またドア間にはラバーも埋め込まれ、見た目への拘り、音への拘りも見て取れる。

アウディ RS7 スポーツバック 試乗アウディ RS7 スポーツバック 試乗
アウディ RS7 スポーツバック 試乗

スポーツバックならではのリヤゲートを開けると535Lと、セダンを上回る容量のラゲッジスペース

真横からはリヤがハッチバックであるとは到底思えないクーペルックの4ドアセダンスタイルだ。ウインドウ周りはアウディが得意とするアルミのモールで高級感を作り、キャビンの存在が強調される。試乗車のタイヤは275/35R20でピレリを装着。ホイールの隙間から見えるブレーキローターやキャリパーは大きく、いかにも超高速からのブレーキングが得意であると主張しているようだ。

アウディ RS7 スポーツバック 試乗アウディ RS7 スポーツバック 試乗

インテリアは高級かつドライバーオリエンテッドなデザインで、スポーツバックのトップモデルに相応しい仕上がりだと感じる。ステアリングもボトムがフラットなD型デザインに8速のティプトロニックを操作するパドルシフトがある。メーターは2眼が基本で、センターに向かって角度が付けられ、ドライバーが見やすいデザインになっている。

バング&オルフセンのドアスピーカー

バング&オルフセンのドアスピーカー

ツィーター

バング&オルフセンのツィーター


ダッシュボードやセンターコンソールにはレザーを使い、部分的にカーボンパネルやシルバーの鈍い色で渋味を増す。そしてオプションのバング&オフルセン(72万円)のオーディオを搭載し、高級なものすべてを手にした満足感の高いインテリアに仕上がっている。ちなみに、本体価格1772万円にオプションのボディカラー(75万円)、ダイナミックパッケージプラス(98万円)とオーディオ込で2017万円という価格だ。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる