情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD 試乗レポート 最新エンジン搭載のスポーツ・クロスオーバー

2015年5月1日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルボ V40クロスカントリー T5 AWD

V40クロスカントリー T5 AWD(クリスタルホワイトパール)

ボルボが独自開発した新世代エンジン、「Drive-E」はこれまでのXC60、S60/V60、V70、V40に搭載されてきたが、2015年モデルとしてV40 クロスカントリーにも搭載された。<レポート:松本 晴比古/Haruhiko Matsumoto>

このV40 クロスカントリーはこれまで2.0L・直列5気筒エンジン(T5)とAWD、6速ATという組み合わせだった。2015年モデルはその5気筒エンジンから新しいDrive-Eエンジンに切り替えられたが、従来と同じT5の名称を用いる。もちろん駆動方式はAWDで、Drive-Eエンジンとしては初のAWDモデルとなる。トランスミッションはエンジン同様に新世代の8速ATが組み合わされる。この2015年型V40 クロスカントリーに試乗してみた。

ボルボ V40クロスカントリー T5 AWDボルボ V40クロスカントリー T5 AWD

V40シリーズはベースモデルのCセグメントのプレミアムコンパクトのV40、スポーツモデルのV40 R-Design、そして都会型のオールラウンドタイプのクロスオーバーのV40 クロスカントリーというラインアップが展開されている。

ボルボ V40クロスカントリー T5 AWDボルボ V40クロスカントリー T5 AWD

そして、エクステリア、インテリアは専用デザインで、より直立したハニカムメッシュ・グリル、グラファイトカラーのバンパー、クロームトリムやルーフレール、ドアミラーカバー、スキッドプレート風のリヤバンパーデザインなどが特徴だ。

トランザ T001(225/50R17)

ブリヂストントランザ T001(225/50R17)

ラゲッジスペース

2段ボード仕切りタイプのラゲッジスペース


3連ウォッシャーノズル

3連ウォッシャーノズル

ペダルレイアウト

ペダルレイアウト


そしてクロスカントリーならではのタイヤサイズは225/50R17で(標準V40は205/55R16または205/50R17)、外径が標準のV40より20㎜ほど大きくなっている。そして全高は+30㎜、最低地上高は+10㎜の145㎜と少し高めになっているのだ。言い換えればクルマの性格としては都市型、全天候型のクロスオーバーAWDで、雨天や積雪路などをカバーするタイプだ。

インテリアはクロスカントリー専用のチャコール/ブロンズの2トーン本革シート、センターコンソール部メタル調ではなくはモダンウッドパネルとなっている。

ボルボ V40クロスカントリー T5 AWD

ボルボ V40クロスカントリー T5 AWDボルボ V40クロスカントリー T5 AWD

乗り込んでみると、標準のV40とほとんどアイポイントは変わらず、タイト感が強めのデザインで、スポーティ、ラグジュアリーだ。本革シートの手触りや質感やシートの座り心地も一級品といえる。そういう意味では標準のV40より少し上の車格感が感じられる。

走り出すと、Drive-Eエンジンのトルク感、滑らかさや静かさは相変わらず極上のフィーリングで、Cセグメント、C/Dセグメントの2.0Lターボモデルの中でもトップレベルのフィーリングといえる。わずかなアクセルの踏みこみに対してもリニアにトルクが湧き出し、力強い加速フィーリングがえられる。低速でのフレキシビリティ、加速力、加速の伸び感と、振動を感じさせない滑らかな回転フィーリングの質感は文句なしだ。

「Drive-E」2.0L直噴ターボ・エンジン

「Drive-E」2.0L直噴ターボ・エンジン。JC08モード燃費は14.8km/Lと従来モデルより向上

なお、これまでのV40 クロスカントリーT5は2.0L・5気筒ターボで213ps/300Nmを発生していたが、直噴ターボのDrive-Eを搭載するこのモデルは245ps/350Nmとパワーもトルクも従来型を上回っており、5気筒ターボの弱点だった極低速のトルクも大幅に向上している。だから、市街地でも高速道路でも動力性能は格段にアップしている。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる