情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ニュルブルクリンク24時間レース2015 新型アウディR8 LMSが制覇 スバルWRX STIは3年振りにクラス優勝

2015年5月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
総合トップを飾ったアウディR8 LMS GT3

総合トップを飾ったアウディR8 LMS GT3

2015年5月15日~17日に開催されたニュルブルクリンク24時間レースは30台にものぼるGT3マシンを始め、合計151台のマシンが出場した。4月に行なわれた4時間耐久レースで、ニッサンGT-R GT3が高速ジャンピングスポットで空中に舞い上がり、コースアウトして観客が死亡する大事故を受け、今回のニュルブルクリンクの超高速バックストレート部には250㎞/hの制限速度が採用された。

今回のレースでは総合優勝を争うSP9GT3クラスにアウディは新型R8 LMSを4台のカスタマーレーシングとして投入した。しかしこれまでの常連のBMW Z4 T3、メルセデスSLS ANG GT3と予選から激戦を展開した。なおポルシェはワークスの支援を受けたファルケン・ポルシェが現行型911 GT3Rで参戦している。

2位となったBMW Z4 GT3

2位となったBMW Z4 GT3

メルセデスSLS ANG GT3

メルセデスSLS ANG GT3


イギリス勢ではベントレー・コンチネンタルGT3がSP9クラスにワークスチームとして参加し、アストンマーチンは同じくSP9クラスにヴァンテージGT3、SP10クラスにヴァンテージV8 GT4、SP8クラスにヴァンテージV8などを送り込んでいる。

ワークス体制で臨んだベントレー・コンチネンタルGT3

ワークス体制で臨んだベントレー・コンチネンタルGT3

日本からは、ニッサンがGT-R GT3が2台出場。1台はニスモのGTアカデミーチーム、もう1台はGT3レースに参戦しているシュルツチームだ。トヨタGAZOOレーシングからはレクサスLFA コードX(SPプロ・クラス)が出場。このSPプロ・クラスは、LFAとポルシェの先行プロトタイプ2台の合計3台のクラスだ。LFA コードXの中身は先行開発用とされている。

GTアカデミーチームのGT-R GT3

ニッサンGTアカデミーチームのGT-R GT3

ファルケン・ポルシェ911GT3 R

ファルケン・ポルシェ911GT3 R


トヨタGAZOOレーシングは、SP3Tクラスに新たにレクサスRCが出場している。2.0Lターボクラスでの参戦であることから分かるように、RCは新開発の2.0Lターボを搭載した先行量産開発モデルなのだ。もちろんSP3TクラスにはスバルWRX STIも出場している。今回は強敵となっていたセミワークスのアウディTTSチームは不在だ。

レクサス LF-AコードX

レクサス LF-AコードX

SP3TクラスのレクサスRC'2.0 ターボ)

SP3TクラスのレクサスRC’2.0 ターボ)

5月16日、曇天のもとでスタートしたレースは、序盤から、BMW、アウディ、メルセデスの激しい戦いが繰り広げられ、トップの座も頻繁に入れ替わった。この激戦はレース終盤まで繰り広げられ、トップの入れ替わりはなんと35回に及び、ニュルブルクリンク24時間レースの新たな記録が残されることになった。それほど各車の性能は均衡しており、レースの半ばを過ぎてもトップグループは同一周回での戦いとなった。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる