情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ ステップワゴンがフルチェンジ 独創のリヤゲートとホンダ初のダウンサイジング・ターボを搭載

2015年4月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型ステップワゴン スパーダ(左)とステップワゴン

新型ステップワゴン スパーダ(左)とステップワゴン

2015年4月23日、ホンダは5代目となる新型ステップワゴン/ステップワゴスパーダの発売を開始した。4代目の現行モデルは2009年に発売されており、今回が6年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

グレードは、ステップワゴンがG・EX、G、Bの3グレードで、FFと4WDを設定。ステップワゴン・スパーダはスパーダ・クールスピリットとスパーダの2機種で、それぞれにFF、4WDが設定されている。エンジン、トランスミッションは全車共通となる。また基本は3列シート/7人乗りで、メーカーオプションで2列目シートがベンチシートタイプの8人乗りも設定されている。

ホンダ 新型ステップワゴン

エンジン部を短縮したワンモーション・ビッグキャビン・フォルムを採用

新型ステップワゴンの開発コンセプトは「Happy Creator’s Base」で、全席平等わくわく空間で、ホンダらしい驚きのあるホスピタリティの実現を目指している。ターゲットユーザー層は、子育て世代であることはもちろん、3世代でのモビリティにジャストフィットさせることが狙いだという。

ステップワゴン G( プレミアムディープロッソパール)

ステップワゴン G(プレミアムディープロッソパール)

スパーダ(プレミアムスパークルブラックパール)

スパーダ(プレミアムスパークルブラックパール)


ホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴン

エクステリアのデザインは、機能性を重視したモダン・ファンクショナル・ビューティがテーマで、ビッグ・ワンモーションキャビンとしている。5ナンバーサイズのボクシーデザインはこのモデルでも踏襲されているわけだ。

ホンダ 新型ステップワゴン

ホンダ 新型ステップワゴン

フロントシート

セカンドシート

セカンドシート

サードシート

サードシート


インテリアはビューティリティ・リビングがテーマで、さりげないスマートなリビングルーム感覚を追求した。ステップワゴンはブラウン系、スパーダはスポーティさや個性を重視しブラック基調のカラーリングとなっている。

ホンダ 新型ステップワゴンホンダ 新型ステップワゴン

パッケージングは、5ナンバーサイズを守り、全長4690㎜、全幅1695㎜としているが、エンジンルーム長さを40㎜短縮し、それを室内長に割り当て、フロントシートからサードシートまでの距離を40㎜延長。全高は25㎜アップして1840mmとし、室内高は30㎜増加し1425㎜となっている。また、セカンドシート以降のサイドウインドウを立てることで、頭部周りの開放感を向上させている。

ホンダ 新型ステップワゴン

フラットフロアで7人乗りはウォークスルーも可能

新型ステップワゴンのユニークな特徴が、ゲートにもドアにもなるリヤゲートの新機構で、「わくわくゲート」と名付けられている。このリヤゲートは、スーパーでの買い物などを軽い操作でリヤに積載できるようにハーフサイズの横開き(サブドア)構造を取り入れているのだ。また、この横開きリヤゲートから人も乗り降りできるのがポイントだ。もちろん大きな荷物を出し入れするために、通常のワゴンのように縦に跳ね上げ開きもできるようになっている。なおサブドアは安全上の理由から停止時でないと開閉できない。

リヤの横開きサブドア

リヤゲートの横開きサブドア

リヤゲートの通常の跳ね上げ開き

リヤゲートの通常の跳ね上げ開き


またこの横開きのサブドアを採用したため、床下収納式のサードシートは左右分割式となり、片側を収納しておくことで、リヤのサブドアからの出入りができるようになっている。シートアレンジは、フルフラットからサードシート折り畳み状態、セカンドシート折り畳み状態など従来通りの多彩なアレンジができ、さらにリヤ・サブドアから運転席までアクセスもできる。リヤゲートの床面を85㎜も低床化させたことで積載性、乗降性も大幅に高められている。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる