情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル レヴォーグが年次改良 ついに全方位の運転支援システムが登場

2015年4月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レヴォーグ1.6GT-S EyeSight

レヴォーグ1.6GT-S EyeSight

2015年4月16日、スバルはレヴォーグの年次改良を実施。このBタイプのレヴォーグは、4月21日から発売される。今回の年次改良では、スバルの日本向けモデルとしては初の全方位をカバーする運転支援システム「アドバンスドセーフティパッケージ」も新設定している。

レヴォーグとして初となる年次改良は、レガシィ・ツーリングワゴンの後継モデルとしてのレヴォーグのポジションをより強固にし、さらなる成長、発展を目指すことをテーマとしている。これにより存在感を高め、熟成が進められた。

具体的には、総合安全性能のさらなる向上、1.6Lモデルの燃費の向上、走りのしなやかさ、乗り心地と静粛性の向上、市場から要望の多かったサンルーフの追加、特別仕様車を追加することで1.6Lモデルのラインアップの強化などが行なわれることになった。

スバル レヴォーグ Bタイプ

走りに関わる部分では、まず室内の静粛性、特にリヤシートでの静粛性を高めている。これはレヴォーグをヨーロッパ市場に投入するために必要だった改良で、現地テストでの高い平均速度での走行に適合させるために、風切騒音、振動、会話明瞭度を高めることが求められた。ヨーロッパ仕様だけでなく、日本仕様にも同じ対策を採用したという。そのためルーフ部には制振材を、室内のトリムに吸音材を追加し、振動や騒音、ロードノイズを低減している。

シャシーは、1.6LモデルのGTサスペンションが改良されている。スプリングレートに変更はないが、ダンパーをより低フリクションタイプに変更し、微振動を抑えることで乗り心地を改善している。

1.6L・DITエンジンは制御を見直し、JC08モード燃費は17.4㎞/Lから17.6㎞/Lに引き上げられ、平成32年度燃費基準をクリア。取得税60%減税、重量税50%減税となっている。

スバル レヴォーグ Bタイプ

1.6GT-S EyeSightのインテリア

装備では電動チルト&スライド式サンルーフを新設定している。また用品のナビは、新たにBluetooth対応、サブウーファー用の出力端子の追加なども実施された。ボディカラーは、ピュアレッド、ラピスブルーパールの2色が追加設定されている。

なお1.6GTのラインアップ強化の一環として、初夏に1.6 GT-Sにコストパフォーマンスの高い特別仕様車「プラウドエディション」を追加。1.6 GTにも「S-Style」の後継グレードとして設定する計画だ。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる