情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ S660 市街地&ワインディング試乗で感じたS660の本質

2015年4月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AP ホンダS660 公道試乗 006

ナンバーを取得したS660を公道で試乗してみた。舞台は高知県の市街地&ワインディングだ

今、もっとも注目度の高い軽自動車、ホンダのS660を高知県で試乗してきた。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

3月に試乗したときは、発売前のプロトタイプで量産試作の最終モデル。ナンバー登録がされていないため、クローズドコースの熊本県にあるホンダのテストコースでの試乗だった。今回は市販後の試乗となったため、一般道を使っての試乗となった。

AP ホンダS660 公道試乗 004今回の試乗で改めてサーキットと一般道での違いというのを感じた。というのは、サーキットは路面のμも舗装状態も均一で、また走行速度も高いので、ある特定の条件での印象になりがちになる。S660はレーシングカーではなく一般の道路を走るクルマなので、そのメインとなる一般道ではどうなるのか?という点で違いを感じた。

市街地では20km/hくらいでトロトロと走る場面もあれば、信号待ちもある。試乗コースはそうした高知の市街地から海沿いを走るワインディングを往復するルートで、CVT、MTを乗り換えて試乗することができた。

AP ホンダS660 公道試乗 020
サーキットでは感じなかったインプレッションもあり、なかなか興味深い試乗となった。気づいたのは信号待ちでのアイドリング時、CVTではエンジンの振動がフロアパネルやステアリングに伝わってくる。CVT仕様はアイドリングストップ機能を装備するが、条件によってはアイドル状態になる。一方MTではエンジンの振動がシートバックで感じ、ステアリングではほとんど感じない、という違いがあった。これはエンジンマウント・ブッシュが異なるから、という回答をエンジニアから得た。

AP ホンダS660 公道試乗 010

試乗ではルーフオープンとクローズにした状態、両方を確かめることができた

AP ホンダS660 公道試乗 008 AP ホンダS660 公道試乗 011

走りだして気づくのはルーフのオープン状態とクローズしたときの違いだ。これはCVT、MTともに共通の印象で、オープンで走るとボディがブルブルと震えるスカットルシェイクを感じる。オープンボディの場合、Aピラーなどが振動することは許容されるが、バルクヘッド、バルクヘッド下部のスカットルなどが振動することはあまり好ましくない。

キャンバスのルーフをクローズにして走るとその振動は収まる。キャンバストップとは言え、AピラーとCピラーをつなぐ効果は高いことを感じた。キャンバストップの両側には太い補強材があり、これがピラー部の剛性を高めているのだろう。S660はオープンカーとは言っているもののCピラーを残すタルガトップの形状をしている理由がなんとなく理解できる。

市街地を走る低速域では、乗り心地の硬さがあった。「ワインディング仕様」とでも表現できるクルマの個性を作ったための割り切りとも受け取れるもので、ポジティブに考えると走る気配を感じさせる乗り心地。冷静にはフリクションが大きいという印象だった。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる