情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ランドローバー 試乗 新型ディスカバリー・スポーツ よく働きよく遊ぶアクティブSUV

2015年4月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディスカバリースポーツ試乗001

新型ディスカバリー・スポーツ。日本でも2015年6月からデリバリー開始予定

ランドローバーの新型プレミアムコンパクトSUV、ディスカバリー・スポーツ。2014年10月に日本国内でも受注が開始され、デリバリーは2015年6月からが予定されている。このランドローバーの放つ新しいプレミアムSUVに試乗する機会を得たので、そのレポートをお届けしよう。<レポート:AP編集部ザキ>

試乗会が行なわれたのは2015年4月9日。大型連休前の今(記事更新日:4月27日)となっては信じられないが、前日4月8日は都心でも真冬のような寒さが戻り、試乗会場の富士五湖・西湖周辺は季節外れの雪になった。8日は予定されていた試乗枠の一部がキャンセルになったと知らされ、我々Auto Prove取材陣も「翌日のスケジュールはどうなるんだろうか…」と気をもんだが、雪は止み試乗は予定通りに行なわれた。SX4 S-CROSSの試乗で大雨に見舞われたAP編集委員・マツモトとザ・モーターウィークリーDJ藤本えみり嬢とは、どうやら普段の行いが違ったようである(笑)。

ディスカバリースポーツ試乗014

前日降雪でまさかの雪景色。2月ではなく4月の風景である…

前日の雪が道路脇に残りまるで冬のような景色の中を、試乗会場のPICA富士西湖キャンプ場へと向かう。AP取材陣は筆者(APスタッフ・ザキ)とAP編集長タカハシのふたり連れだ。「今日は何に乗るんでしたっけ?」「ディスカバリー・スポーツ」「前に今井優杏さんで動画取材したクルマ?」「あれはー…レンジローバー・スポーツ。今回はディスカバリー・スポーツ」「あ、ああ」。そうランドローバーの試乗や記事を作る際に、いつも車名とブランド名でアタマの中がややこしくなるのが筆者の常なのである。

自動車情報専門サイトに関わる人間としてどうなのよ、というツッコミはさておいといて、まあランドローバー、レンジローバーなどといろいろとややこしいことは間違いない。そんな横文字ブランドに弱い筆者のためではないが(当たり前だ)、試乗前のプレゼンテーションでは「ランドローバーの現在のモデル展開について」という説明も盛り込まれていた。

それによればランドローバーは現在、三本柱のブランドで商品を展開している。レンジローバー系、ディスカバリー系、そしてディフェンダー系の三種類だ。レンジローバーはラグジュアリー、ディスカバリーはアクティブ、そして日本には未導入ながらディフェンダーはリアルオフローダー、ざっくりとだがそんな風に理解した。なおこのディスカバリー・スポーツは、新しいディスカバリーファミリーを特徴づける先兵的な役割も持つ。

さて頭の中でのブランド整理も完了しもやもやも晴れたところで、新型ディスカバリー・スポーツのプレゼンテーションでは以下のようなことをレクチャーされた。

ディスカバリースポーツ試乗011

ディスカバリー・スポーツに搭載されるのは2.4L直列4気筒ターボエンジン

ディスカバリー・スポーツはイヴォークをベースにしたプレミアムコンパクトSUVで、エンジンは同じ2.4L直列4気筒ターボを搭載する。最高出力は240psで9速ATが組み合わされている。リヤには新しいマルチリンクリヤサスペンションを採用する。ボンネット、ルーフ、リヤゲートにはアルミを使用する…などなど。詳細に関しては、ディスカバリー・スポーツ発表時のこちらの記事を参照していただきたい。

プラットフォームを共通するイヴォークとのサイズ比較では、イヴォークが全長4355mm×全幅1900mm×全高1635mmに対して、ディスカバリー・スポーツは、全長4610mm×全幅1895mm×全高1725mm。全幅がやや小さく、全長はグっと伸ばされている。またホールベースもイヴォークの2660mmに対して、ディスカバリー・スポーツは2740mmとなっている。数字の羅列ではピンとこないが、簡単に言えばイヴォークよりも全長とホイールベースを伸ばして、その分を室内ユーティリティに充てる。それがディスカバリー・スポーツの特徴でもある。

ディスカバリースポーツ試乗002 ディスカバリースポーツ試乗003 ディスカバリースポーツ試乗004

ライバル車としてはアウディQ5、BMW X3、ボルボXC60辺りの名前が挙げられていた。特にユーザーがバッティングするのは、アウディQ5とされている。ちなみに全長4630mmのQ5よりもコンパクトなディスカバリー・スポーツだが、2列目シートのニースペースは+64mm、レッグスペースも+60mmと室内スペースに余裕があるとのことだ。

またディスカバリー・スポーツの室内ユーティリティでは、5人乗りの2列シートにプラスして、3列目に2人乗りのシートが装備されていることもトピックだ。2列目のシートバックを倒してのサードシートへのアクセスには一瞬躊躇するようなタイト感があるが、キッズならば十分。また大人でもレジャーサイトでの移動などの短時間ならば、十分に使える装備である。
ディスカバリースポーツ試乗007

ディスカバリースポーツ試乗010

5名に加えて+2名、計7人乗車を可能にする3列目シート

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる