情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

アウディモータースポーツ総本山完成 HEVシステムを変更したR18 e-tronクワトロなどを発表

2015年3月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年型 アウディR18 r-tronクワトロ

2015年型 アウディR18 e-tronクワトロ

2015年3月21日、アウディはモータースポーツ開発部門を新たにノイブルク(インゴルシュタットから西へ約20kmのドナウ川沿いの街)に開設して、正式オープンした。

ノイブルクに新規オープンしたアウディ モータースポーツ開発センター

ノイブルクに新規オープンしたアウディ モータースポーツ開発センター

アウディモータースポーツ代表のウォルフガング・ウルリッヒ博士は、「我々は今年は、これまでになく多くのスケジュールをこなさなければなりません。ここノイブルクにモータースポーツ開発センターが新設されたことで、私達は最高の条件を手に入れました。新しい環境のもとで、我々は快適に作業を進めています。特に、今シーズン向けのレーシングカー組み立てを始めた数週間前から、アウディスポーツやパートナーチームのメカニックは、最適な作業環境の重要性をあらためて認識しました」と語っている。

R18 e-tron quattroR18 e-tron quattro

この日、ル・マン24時間レースを含むFIA世界耐久選手権(WEC)に向けてアウディスポーツが開発している新型R18 e-tron クワトロが初めて公開された。LMPプロジェクトリーダーのクリス・レインケは「4年連続でル・マン24時間レースの優勝を獲得するため、数多くのことに焦点を当てて開発してきました」と語る。

2015年モデルとなるR18 e-tron クワトロは、空力、エンジン、ハイブリッドシステムのどれもが大きく進化している。特にハイブリッドシステムと空力は基本からダイナミックに革新されている。空力デザインではフロント周り、サイドポッド、リヤエンドなどに手が入れられている。

R18 e-tron quattro

フロント左右には大きなエアインテークを備え、フロントホイールハウスに空気を導入することで空気抵抗を低減。またフロントエンドの空気抵抗を低減するためにヘッドライト周りのデザインも一新されている。ただライトユニットはこれまで通り、マトリックスLEDとレーザーライトが採用されている。

ワンピースタイプのカーボン製モノコックはこれまでのものを使用するが、もちろんフロントボディカバー形状やホイールアーチ形状は変更。これらのボディ部は衝撃吸収構造となっている。ボディサイドの空力も改良され、空気抵抗を低減しつつサイドラジエーターやハイブリッドシステムを冷却できるようになっている。

エンジンカバー部はより細く、後部のテーパー角度も強められている。もちろん今シーズンもル・マン用とノーマルボディの2種類を設定している。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる