情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ S660ファーストインプレッション&試乗レポート by 桂 伸一

2015年3月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダ S660 袖ヶ浦 試乗

ホンダS660の実車を前にして、スタイリング全体と細部のデザインを舐め回す。いちいち唸らせる個所は多く、「よくぞここまで新規開発部品を造らせてくれたものだ」と改めて思う。いわゆる軽自動車のコストを抑えた部品の共有は見られず、スチールのむき出し部位、樹脂や内装材(皮革)のツヤやテカリ、ドアノブひとつ見ても他車との互換性などなく、安く造った印象はどこにも見られない。 S660に乗り込む。ステアリングはチルトのみの調整で350mmの小径。フットボックスのA・B・Cペダル配置と角度の自然さを確認しつつ、シートスライドと背もたれの角度を調整。腕を自然に置いた位置にあるシフトノブを含めて、どこにも妥協のない理想的なドライビングポジションが完成する。 ホンダ S660

ホンダ S660ホンダ S660

 

タイトなコックピット。ステアリング径は350㎜

タイトなコックピット。ステアリング径は350㎜

スポーツシート

スポーツシート

ペダル配置

ペダル配置

着座位置とボディのベルトラインは肩口まで被われているので乗員は安心感、囲まれ感が強く、反対に重い印象にはならない絶妙な位置関係も上手い。 試乗コースは千葉県・袖ケ浦フォレストレースウエイ。ナンバー取得登録前だけにサーキット走行のみで、路面は前日の雨から乾きつつあるハーフウエットの”好条件”。滑りやすい不安定な路面ほどクルマの素性を知るのに好都合だ。クルマはプロトタイプとされているが、量産モデルとほぼ同じレベルに仕上げられていると思う。

FF用のエンジン、トランスミッションを使用しリヤアクスル直前に横置き配置

FF用のエンジン、トランスミッションを使用しリヤアクスル直前に横置き配置

エンジン始動と同時に背後から鼓動が伝わるところがミドシップならでは。3気筒特有の低回転域の重々しい音域がカットされてサウンドは滑らか。そのサウンドの音量を第3のウインドの開閉で変えることができる点は、オープン時の空気の流れの調整が生んだ副産物。クローズド時は室内の静粛性にも大きな効果がある。

6速MTのシフトレバー

6速MTのシフトレバー

7速CVTのセレクター

7速CVTのセレクター


トランスミッションは2ペダルの7速CVTだ。引っ張ると6500rpmで自動的にシフトアップするが、パドル操作では6800rpmまで延びるのは確認済み。スリップ感の少ない食い付きのいいCVTとはいえ、やはりフル加速時の高回転維持に対して、車速が遅れる感覚は否めない。ただし2ペダルで操れることは顧客にとって絶大な魅力であるのは間違いない。 タービンは元々A/Rが小さい、レスポンスに優れたNボックス系ユニットよりも、さらにレスポンスに優れたターボチャージャーに代えたことでターボラグがない。反面、急激にターボトルクが盛り上がるドッカンターボの加速感には乏しく残念。「排気量の大きい自然吸気のよう」という印象だ。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる