情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【コラム】女性は色にビ・ン・カ・ン!~「マツダCX-3」@吉田由美

2015年3月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田由美のピンポイント&チャームポイントVOL32

こんにちは、吉田由美です。今回はコンパクトクロスオーバーのお話です。今、世界中で人気の高いカテゴリーが、コンパクトクロスオーバーやコンパクトSUV。その人気の秘密は、大きすぎず、かといって小さすぎない絶妙なサイズなんじゃないでしょうか。そして何と言っても、ゴツくなりすぎないスマートでスタイリッシュなデザインも人気の秘密でしょう。

ちょうどいいサイズ感のCX-3。デザイナーさんも腕のふるいがいがあったことでしょう。で、今回はソウルレッドさいこー! って思っていた私のお話です…

コンパクトクロスオーバーの適度な高さや大きさ、いわゆるキャンバスサイズは、どうやらデザイナーさんたちにとっては特に腕のふるいがいのあるところらしく、今のコンパクトSUVほどデザインが楽しめるカテゴリーはないのではないでしょうか?

そんな今、デザインの評価はもちろん、世界中でクルマ自体の人気がうなぎ上りの「マツダ」が、最も旬のカテゴリーで世に送り出したのが「CX-3」なのです。

日本では1.5Lのクリーンディーゼルエンジン車のみで勝負してきたところも、なんだか直球勝負!という感じで男らしいし、八方美人になれず、不器用な生き方しかできないB型の私としては、なんとなく共感できる感じです(笑)。

DSCN6917 DSCN6916

 

「デミオ」ベースの新型CX-3は、インテリアもデミオの高級版という感じで、シートやステッチなど細かいところでのこだわりが感じられます。そしてカラーバリエーションもいっぱい用意されているのですが、やっぱりマツダ自慢の「ソウルレッド」が個人的には一番! エクステリアのサイドの曲線など、この色がCX-3をいい意味で”エロく”見せている! かっこいい! すてき! と思っていました。

マツダCX3

「赤サイコー! この色だからこそサイドもエロ…いや、セクシー!」。そう思っていた時期もありました…

私は今年(2015年)の東京オートサロンで、マツダブースでのトークショーに出演させていただきましたが、その時も「CX-3にはやっぱり、ソウルレッドが一番」という話をたくさんしてきたんですよ。

ですが! ですが、吉田由美、心変わりしてしまったんです。試乗会ではあっさり、ほかの色に心を奪われてしまいました。その色は、「セラミックメタリック」。光の加減で白とシルバーの間で何層にも見える不思議な色。

P1060827R

今はこの「セラミックメタリック」に夢中です!

その日は天気が良く、単体で見た「セラミックメタリック」は、はじめ単に目の錯覚か、あるいは何かの陰になってちょっと色が変わって見えるのかな?なんて思っていましたが、CX-3から採用された新しいボディカラーで、CX-3の白である「クリスタルホワイトパールマイカ」とはそもそも別の色。

「クリスタルホワイトパールマイカ」と「セラミックメタリック」を2台並べるとその色の違いがはっきりわかりますが、単体だと明るい太陽の下では白に見えます。

セラミックメタリック

こちらがセラミックメタリック。ぜひ街中で見たら、その見え方に注目してください

クリスタルホワイト

こちらがクリスタルホワイト。上品な白ボディです

しかしこの「セラミックメタリック」の放つ清楚でスペシャルな色合いがCX-3のデザインを上品に、そして清楚でありつつエロく、美しさをより引き立てます。黒い部分とのトーンが大人っぽい。

それにしても、こんなにクルマのカラーリングに反応するのは私が女性だから…かも。

マツダCX-3試乗レポート
マツダCX-3詳細解説
マツダ関連情報
マツダ中古車情報
マツダ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる