情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタTS040型ハイブリッド WEC連覇と悲願のル・マン制覇を目指す

2015年3月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年型TS040ハイブリッド。前年と同じ6メガジュール・クラスのハイブリッドを搭載

2015年型TS040ハイブリッド。前年と同じ6メガジュール・クラスのハイブリッドを搭載

2015年3月26日、トヨタは2015年型の世界耐久選手権(WEC)用のLMP1マシンTS040ハイブリッドを、フランスのポール・リカール・サーキットで発表した。トヨタ・レーシングは2014年シーズンに日本の自動車メーカーとして初めてWECマニファクチャラーズ・チャンピオンを獲得。またアンソニー・デビッドソンとセバスチャン・ブエミがドライバーズ・チャンピオンも獲得している。今シーズンはデフェンディング・チャンピオンチームとしての参戦となり、悲願のル・マン24時間レース制覇を狙う。

ポールリカールでベールを脱いだTS040と勢ぞろいしたスタッフ

ポール・リカールでベールを脱いだTS040と勢ぞろいしたスタッフ

2015年型TS040ハイブリッドは、2014年型TS040ハイブリッドの進化モデルとされる。空力を最新のものにアップデートしたのを始め、ボディ前端のクラッシャブルストラクチャーを見直し、タイヤを今まで以上に効率良く使えるようにサスペンションを改良し、軽量化も図るなど80%が新設計となっている。

2014年シーズン同様に2015年型TS040ハイブリッドは、トヨタ・ハイブリッド・システム・レーシング(THS-R)のパワートレーンを採用する。エンジンは高い熱効率を誇り、システムの総出力1000ps以上。ERS(エネルギー回生システム)は2014年同様に放出エネルギー量6メガジュール・クラスを選択しているが、スーパーキャパシタの構造変更も行なってさらなる性能向上を図っているという。

トヨタ レーシング 2015 TS040

トヨタ レーシング 2015 TS040トヨタ レーシング 2015 TS040

2015年型もふたつの空力パッケージを準備し、今週(2015年3月末)ポール・リカールでその2種類をテストする。ル・マン仕様は高速なル・マンのサーキットでの走行に向けて準備したもので、もう一方のスプリント・パッケージはリヤウィング、エンジンカバー、フロントのボディワークなどに手を加え、より高いダウンフォースを発生させることができる。

トヨタ レーシング 2015 TS040

2015年型TS040ハイブリッドは2014年6月から開発をスタートし、2015年の1月13日にポールリカールで初走行を実施。モーターランド・アラゴン(スペイン)で2回、ポルティマオ(ポルトガル)で1回、合計3日間にわたるテスト走行を行ない、2015年3月26日の発表会までに2万5000km走行しているという。

チャンピオンチームにふさわしく、2015年のゼッケンは1号車、2号車となり、1号車にアンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴選手が、2号車にはアレックス・ブルツ、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイがステアリングを握る。なおテスト/リザーブ・ドライバーは小林可夢偉が選ばれている。

トヨタレーシングの母体となっているTMG(トヨタ・モータースポーツGmbH)は木下社長が4月一杯で離任し、新たに、佐藤俊男氏が代表となる。佐藤氏はF1参戦時のエンジン担当エンジニアであり、その後はレクサスのハイブリッド技術を担当していたが、再びTMGにカムバックすることになる。

2015年はWECのレギュレーション変更により、エンジンはシーズンを通して5基までの使用しか許されなくなるが、トヨタレーシングは過去3シーズンを通して5基以上のエンジンは使用していないという。タイヤに関してはバーレーン、上海、ル・マン以外のレースでは、練習走行ではスリックタイヤは最大4セット、予選と決勝では6セットまでしか使用できない。バーレーンと上海は予選・決勝で8セット、ル・マンは11セットまでの使用が許される。

トヨタ TS040ハイブリッド 主要諸元表

トヨタ関連情報
トヨタ中古車情報
トヨタ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる