情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ アルファード&ヴェルファイア試乗 大空間高級サルーンは文句のない乗り心地

2015年3月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型アルファード、ヴェルファイア
6年半振りに登場した新型大型ミニバンのアルファード/ヴェルファイア。新しい高級車の概念「大空間高級サルーン」のコンセプトで生まれたフルサイズミニバンの試乗レポートをお届けしよう。なお実車の詳細解説はこの記事に詳しい。<レポート:松本 晴比古/Haruhiko Matsumoto>

アルファード/ヴェルファイアのエンジンラインアップは2.5L、3.5L(V型6気筒)、ハイブリッドの3種類があるが、まず試乗は2.5Lモデルから行なった。アイドリングストップも選択(4WD車は標準装備)でき、CVTとの組み合わせになる。乗り心地の良さと、大きなボディにもかかわらず予想以上に素直な操縦性は、快適性も扱いやすさも十分といえる。エンジンの滑らかさ、CVTとのマッチングも良好だ。ただ、さすがに2トンクラスの車両重量のため、追い越し加速は少し物足りなさを感じた。

トヨタ アルファード 3.5 SAの走り

V型6気筒エンジン搭載のアルファード 3.5 SAの走り

一方、3.5L・V6は6速ATとの組み合わせで、加速性能は文句なしだ。乗り心地についてはは2列目、3列目シートに座ってみたが、3列目でもピッチングがかなり抑えられており、乗り心地に関してはよく仕上げられている。しかし、メインとなる2列目のキャプテンシートに座ってもロードノイズや風切音、車外の音は、やはり高級セダン並みというほどにはなっていないと感じた。大きなボックス形状のボディで、大面積のスライドドアを備えるといった厳しい環境のため、セダンに比べ騒音を抑えるのははるかに難しい。もちろん新型アルファード/ヴェルファイアは大がかりな騒音対策を採用しており、ドライバーシートではエンジンの透過音がよく抑え込まれているのを感じたが、後席はそれに比べると少し辛いということだ。

アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジの走り

アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジの走り

次はハイブリッド・モデルのエグゼクティブラウンジ・モデルに乗ったが、このモデルは動き出した瞬間から、2.5L、3.5Lモデルとは相当に違う印象だった。ステアリングの応答が甘く、路面の凹凸を乗り越えるときでもボワンといったフィーリングである。エンジニアに聞いたところ、ハイブリッド・モデルはかなり乗り心地重視に振っているという。その結果、ハンドリングも締まりがない感じで、ちょっと古い価値観の高級車というイメージだ。

ハイブリッド・モデルのため室内の騒音レベルはエンジン車より低くなっているが、モーター音などはあるていど耳に届くような仕上げとなっていた。またノイズのレベルが低いだけに、セカンドシートでもざわざわとした車外の音やロードノイズ、風切音が少し気になった。一方、動力性能は低速域からの加速は問題ないが、高速での追い越しなどは3.5L・V6には及ばない。

エグゼクティブラウンジ・モデルのセカンドシートは、ボックス型のセミアリニン本革ソファに座った感じで、至れり尽くせりであり、肘掛からせり出す小さな格納式テーブル、電動オットマンやリクライニングを操作する集中コントロールの機能、そしてもちろん座った雰囲気までVIP用として文句なしだ。もちろんこの仕様は2列目から3列目席へのウォークスルーはできないが、実際には3列目シートは折りたたんで置くのが通常の使い方だろう。また2番目のグレードに設定されるエグゼクティブパワーシートも、VIP用として十分なレベルにある。

アルファード 3.5 SA

アルファード 3.5 SA

アルファード 3.5 SA

アルファード 3.5 SA

アルファード 3.5 SA

3.5 SAのエグゼクティブパワーシート

3.5L・V6エンジン

3.5L・V型6気筒エンジン


なお最上級のエグゼクティブラウンジ・モデルにはレーダー式全車速追従クルーズコントロールが標準装備され、その他のグレードには7万~7.6万円のメーカーオプションとなる。また、純正のT-Connect SDナビを選択すると、シースルービュー付きパノラミックビューモニター付き(65万~73万円)か、インテリジェントパークアシスト2付き(56.12万円)を選ぶことができる。

センサーでスペースを検知。インテリジェントパークアシスト2を使用し駐車を開始。縦列駐車、車庫入れ、出庫などを選べる

画面の指示に従いギヤを選択。操舵は自動で働く

画面の指示に従いギヤを選択。クリープで動き、操舵は自動で働く。ブレーキも自動で作動するが、基本はドライバーが踏む


インテリジェントパークアシスト2は、従来のパークアシストの機能をアップグレードしたもので、8個の高出力超音波ソナーとカメラを組み合わせている。カメラが白線を認識し、超音波センサーで障害物を検出しながら自動ステアリングで最適に駐車、出庫できる。狭い駐車スペースでの切り替えし操作も実行できる。また駐車や出庫の開始もスイッチ一つでスタートしギヤ選択やステアリング操作はディスプレイに表示されるので、扱いやすさも大幅に向上していることが確認できた。

トヨタ アルファード諸元表
トヨタ アルファード装備表

トヨタ ヴェルファイア諸元表
トヨタ ヴェルファイア装備表

トヨタ アルファード価格表

トヨタ ヴェルファイア価格表

トヨタ・アルファード/ヴェルファイア詳細解説
トヨタ・アルファード/ヴェルファイア関連情報
トヨタ関連情報
アルファード中古車検情報
ヴェルファイア中古車情報
トヨタ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる