情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ 新型レジェンド試乗 SH-AWDでグングン曲がる3モーターハイブリッド

2015年3月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型レジェンド マニアック評価 009

新型レジェンドの試乗はあいにくの雨模様

2014年11月に発表され、発売が待ち望まれていた5代目レジェンドに試乗することができた。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

ホンダを代表するフラッグシップセダンのレジェンドは、一時発売が途絶えていたが約2年半のブランクを経て復活した。そこにはホンダ技術研究所が持つ、最先端の技術を惜しみなく投入され、3モーター搭載のハイブリッドパワーユニットにモーター内蔵の7速DCTというパワーユニットを搭載。システム合計382psだ。

新型レジェンド マニアック評価 007

システム合計で382ps。フラッグシップセダンに相応しいパワーユニットを搭載する

ちなみに、エンジン単体で314ps/371Nm、モーター内蔵DCTは35kw/148Nm、左右に配した独立したモーターは27kw/73Nmが2基という構成になっている。そしてこのモーターは後輪を別々に駆動・減速をし、SH-AWD機能を司り、もちろん先進の安全技術であるホンダセンシングも装備しているのである。

今回試乗した環境は北九州エリアから山口県秋吉台付近を往復する高速道路、ワインディング、そして一般道で試乗でき、先進の技術をたっぷりと体験することができた。

新型レジェンド マニアック評価 010

もっともインパクトあるのはSH-AWDによるハンドリングだ。詳細はこの記事に掲載している。これまでに経験したことのない、新たな世界を体験したと言ってもいいだろう。

使用している技術はまったく異なるが、BMW6シリーズグランクーペレクサスGSの一部にも似たような印象になる技術が投入されている。根本的な技術や考え方も違うベクトルのものだから比較する意味は全くないが、ドライバーが受ける印象としては同様のベクトルにある技術だと思う。ホンダとしては4代目レジェンドで採用した世界初の機械式SH-4WDの発展型という位置付けとして考えているのではないだろうか。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる