情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ ジェイド試乗レポート ルックスと中身にいい意味でギャップのある新ジャンルカー

2015年3月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダジェイド インプレッション 008

このフォルムで3列シートを装備するニュージャンルカーのJADEに試乗した

3列シートのスポーティ・ミニバン、ホンダJADE(ジェイド)に試乗してきた。その外観からは3列のミニバンには見えないデザイン、運転席に座ると視界がすっきりとした広々空間があり、見た目とのいい意味でのギャップ満載のJADEだった。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

■ポジショニング

JADEは全高1500mmに抑えた3列シートのミニバンで、新たなニーズを掘り起こす使命を持つモデルだ。スポーティミニバンはストリームがあり、トヨタではウイッシュがあった。このマーケットのユーザーニーズは次第に変化していると、マーケティングしている。

ホンダジェイド インプレッション 002

全高を抑えて立体駐車場にもアクセスできるJADE

面白いのはトヨタでは、ミニバンとしてのスペースを重要視するユーザーはヴォクシー/ノア/エスクァイアへ、スポーティな走りや乗り心地などを求めるユーザーはSUVなどへシフトしているとみている。逆にホンダではステップワゴンユーザーはトヨタ同様にスペース重視のユーザーだろうが、スポーティな走りを求めるユーザーに対して、ユーティリティを持たせつつ満足度の高いモデルとして投入してきたのが、このJADEになる。

ライバルはほぼなく、あえて比べるとしたらスバルのエクシーガになるだろう。だが、それはステーションワゴンタイプに近く、3列であるという部分だけで、クルマが持つ意味合いは異なる。

JADEは走行性能、スタイリング、多人数乗車を基本性能とし、ストリームからの買い替えユーザーをはじめ、ステーションワゴン、セダン、ハッチ系ユーザーからも支持されるポジショニングとして投入されている。

ホンダジェイド インプレッション 009

■インプレッション

基本性能とする走行性能では、パワーユニットに1.5L直噴DOHC i-VTECエンジンをベースとしたハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を搭載。燃費は25.0km/Lをマークしている。パワーユニットはヴェゼルと共通としており、中国で販売しているガソリンエンジン搭載モデルは国内では販売しない。トランスミッションはモーター内蔵の7速DCTで、発進にはモーター駆動を使うユニークなシステムだ。

ホンダジェイド インプレッション 004

スタート時に早びらきを嫌ったためか、やや反応が重く感じるセッティングにしている。したがって動き出しにややリニア感に欠けるのだが、制御領域なので意図するセッティングということだ。

またエンジンブレーキに相当するLポジションにシフトをすると、予想以上にエンジンブレーキがかかり、これもある意味ハイブリッドならではのフィールだ。ハイブリッドはバッテリーの充電状況によって回生量が変化し、そのため減速感も変化するのが一般的だったが、JADEではそこまで如実に感じるようなことはない。

また、車速にもよるが巡航走行中に5速から3速へのシフトダウンをイメージしてLモードを選択すると、2速へ落ちたのではないか?というほどエンジン音が高回転になる。でも大きな減速Gはなく、エンジン音と減速感のズレを少し感じる場面もあった。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる