情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

キャデラックATSクーペ 個性的なエクステリアとグローバル戦略車としての性能を持つ魅力的なクーペ

2015年3月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャデラックATSクーペマニアック評価003

2015年からラインアップに加わったキャデラックATSクーペ

新生GMを象徴するモデル、キャデラックATSにクーペが加わった。2015年3月から国内での発売が開始されたが、一足先に試乗してきたので、レポートしよう。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

キャデラックブランドはアメリカを代表するラグジュアリーブランドとして、長くポジショニングしてきたが、グローバルに販売するモデルとして生まれ変わってもいるブランドだ。ATSはボディサイズとしてはDセグメントで、先にセダンがリリースされていたが、CTS同様クーペボディも投入することになった。ボディサイズは、全長4680mm×全幅1845mm×全高1400mmで1580kgとこのクラスではかなり軽量となっている。ライバルはBMW 4シリーズアウディA5といったあたりのラグジュアリースポーツクーペになる。

キャデラックATSクーペマニアック評価004 キャデラックATSクーペマニアック評価006

 

インテリアはラグジュアリーブランドに相応しい豪華さを持ち、見た目や触感でも満足度の高い仕上がりになっている。ダッシュボード周りやトリムなど樹脂を使用しているが、レザー調に全体を仕上げ硬質感は薄く、部分的にはソフトパッドを使用するなど工夫があり、高級感がある。もちろん、ピアノブラックのパネルやシルバーの加飾などの使い方がうまい。ドイツ高級車ブランドとは一線を画すインテリアであり、アメリカ車らしい内装になっている。

キャデラックATSクーペマニアック評価010 キャデラックATSクーペマニアック評価011

 

ドライバーズシートに座ると太めのハンドルが目に留まる。握った感触はスポーツカーのようにしっかりとしたフィールで、レザーの感触もいい。シートもオールレザーで試乗車はアイボリーの内装で車内は明るく、ハイセンスな印象だ。メーターはデジタルとアナログの併用で、速度計、回転計、燃料、水温はアナログ表示。同時にデジタルでも速度などが表示される。またヘッドアップディスプレイも装備されているので、インフォメーションは豊富だ。

キャデラックATSクーペマニアック評価009

太めのステアリングは握り心地もいい。メーターはアナログ&デジタル

 

マニアックなところでは、装備されるパドルシフトがマグネシウムを使用している点。操作感が軽いかどうかは分からないが、硬質な感触は手に残り、スポーツカーをイメージさせる。また、センタークラスターにはGMが開発するインフォテイメントのCUEが装備され、日本語のナビも稼働している。操作系はタッチ式を多用しているため、走行中の操作としてはあまり優れたもののようには感じないが、好みもあるだろう。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる