情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

富士通テン マルチアングルビジョンに車体を透過して表示できる映像技術を開発

2015年3月4日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目視できない障害物を認識できるマルチアングルビジョンで透過視モードを追加

目視できない障害物を認識できるマルチアングルビジョンで透過視モードを追加

2015年3月3日、富士通テンはクルマの周囲360度の俯瞰映像をカーナビゲーションなどの画面に表示して周囲を確認できる「マルチアングルビジョンに、新たにドライバーの視線で車体やシートなどの車両部品を透過したような表示で周囲を確認できる、新たな画面モード技術を開発したことを発表した。

マルチアングルビジョンは、車両の前後および左右ドアミラーの4ヶ所に取り付けたカメラで撮影した映像を合成して、車両周囲360度の立体的俯瞰映像と、3次元CGで描画した車両の画像をカーナビゲーションなどの画面に表示するシステムで、2010年に当時世界初の製品として、富士通研究所と共同開発したもの。

マルチアングルビジョンの従来からの機能、見下ろし表示

マルチアングルビジョンの従来からの機能、見下ろし表示

マルチアングルビジョンの新画面。ドライバー視線で透過して表示

マルチアングルビジョンの新画面。ドライバー視線で透過して表示

カメラ映像を平面形状に画像変換して映像を貼り合わせ上空から車両周辺を見下ろすタイプの製品と異なり、周囲の風景を含めた立体的な俯瞰映像を生成して表示でき、さらに視点を変えることもできるのが優位点だ。

今回開発した透過映像画面を用い、1月26日にトヨタから発表された新型アルファード、ヴェルファイアのパノラミックビューモニターの「シースルービュー」機能を同社と共同で開発している。

今後は国内外の自動車メーカーへ新画面を含む「マルチアングルビジョン」の提案を強化していくという。

富士通テン関連情報
富士通テン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる