情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スズキ SX4 S-クロス試乗レポート 高い剛性感にヨーロッパ生まれを実感

2015年3月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキ SX4 S-クロス 試乗

既報のように2015年2月から発売となったSX4 S-クロスをようやく試乗する機会がやってきた。スズキとしては新たなCセグメントのクロスオーバーSUVであり、ハンガリーのマジャール・スズキ製の逆輸入車という点で興味津々のクルマだ。 <レポート:松本 晴比古/Haruhiko Matsumoto>

逆輸入車ということからもわかるように、ヨーロッパ向けのクルマとして企画され、現地の市場に合わせて開発され、テストもヨーロッパの各地を走り込んで熟成しているという。このS-クロスはマジャール・スズキだけでなく中国の重慶長安・鈴木でも生産され、スズキのグローバル戦略車と位置付けられているが、世界的にマーケットが拡大しているジャンル、クロスオーバーとしたことは正解だと思う。

スズキ SX4 S-クロス 試乗

スズキ SX4 S-クロス 試乗スズキ SX4 S-クロス 試乗

 

エクステアリアのデザインは、伸びやかさと力強さを感じさせ、一目見てクロスオーバーであることがわかる。タイヤも205/50R17と大径で、フェンダーアーチのエクステンション、前後のスキッドプレート風のデザインなどはクロスオーバーの証明といえる。ただ、地上高は165㎜で、本格SUVほどではなく、このあたりがクロスオーバーたる部分だ。

スズキ SX4 S-クロス 試乗

インテリアは、ディテールの仕上げはかなり作り込まれているが、ブラック基調のモノトーンで、デザイン的にはちょっと味気無さを感じる。ある意味で実用車としての割り切りだろうか。

開発コンセプトは開発コンセプトは、Cセグメントのハッチバック乗用車としての実用性の高さ、使いやすさと、クロスオーバーとしての存在感の強さを訴求。ボディサイズは、全長4300mm、全幅1765mm、全高1575mm、ホイールベース2600mmとヨーロッパのCセグメントのど真ん中にふさわしい。

つまり大人4人が長距離ドライブするのに不足のない室内空間が得られ、後席の足元スペースも十分な余裕がある。リヤシートバックは1段階だが角度調整もできるようになっている。ラゲッジも420L、ラゲッジボードを取り外すと430Lが確保されている。

スズキ SX4 S-クロス 試乗スズキ SX4 S-クロス 試乗

装備では、左右独立温度設定式エアコン、4WDモデルはリヤヒーターダクトも装備。また4WDモデルはフロントシートに座面、シートバックにシートヒーターを備え、さらにクルーズコントロール、オートライト、雨滴検知式自動ワイパー、ヘッドライト・ウォッシャーも装備するなどヨーロッパ車的な装備となっている。

SX4 S-クロスはFFモデルも設定されているが、試乗車は4WDモデルだった。ドライバー席に座ってみると、ステアリングのチルト&テレスコピックの具合はよいが、ドライビングポジションは今ひとつしっくりこない。シート、ハンドル、ペダルの配置でペダルが手前に感じるポジションでフランス車に多くあるパターンだ。ただ、シートの作りはしっかりしており、腰や肩のサポートはさすが文句ない。また、パワーステアリングの制御ではアクセルのオン・オフでアシスト量が変化し操舵力が変わるのが気になった。

スズキ SX4 S-クロス 試乗

搭載エンジンは1.6LのNAエンジンで、117ps/151Nm。市街地では約1200㎏の車両重量に対して過不足ないという感じだが、山道などではもう少しトルクがあったらと感じる場面もなくはない。じつはヨーロッパ仕様はフィアット製のターボディーゼルを搭載したモデルもあり、ディーゼルははるかに強力な低速トルクを味わえるはずで、これが本命モデルではないだろうか。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる