情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スズキ ヨーロッパ基準のボディと先進4WDシステムを備えたSX4 S-クロスがデビュー

2015年2月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型SX4 S-クロス フロント 4WD

2015年2月19日、スズキは2代目となる新型SX4 S-クロスを発表した。

◆ポジショニング

このニューモデルの原型は2012年9月のパリショーに出展されたコンセプトカー「S-Cross」で、それをベースに、ハンガリーのマジャール・スズキで製造するCセグメントのクロスオーバーSUVである。

初代SX4は2005年末から生産が開始されたスズキとフィアットの共同開発によるコンパクト・クロスオーバーで、2007年にはセダンも追加されている。フィアットではセディッチとして販売され、スズキはSX4の名称でアメリカ、ヨーロッパ、アジアでグローバルに販売し、生産もマジャール・スズキ、インド、日本で行なわれていた。初代SX4の日本での発売は2006年7月から開始され、2014年10月に終了している。

スズキ 新型SX4 S-クロス スズキ 新型SX4 S-クロス 

 

新型SX4 S-クロスは、スズキの新たなグローバル戦略車と位置付けられ、スズキの小型車に関する技術やSUVの技術を結集して作り上げたクロスオーバーだ。2013年のジュネーブショーでワールドプレミアが行なわれている。

開発にあたってはヨーロッパで徹底的な走り込みを行ない熟成されたという。新型SX4S-クロスはマジャール・スズキで生産され、日本へ逆輸入車として導入される。なおこのモデルは、マジャール・スズキで2013年8月にラインオフしていち早くヨーロッパ市場に投入されており、中国では重慶長安・鈴木で2013年12月から生産している。したがって日本への導入が一番最後となっている。

開発コンセプトは、乗用車としての使いやすさと、先進的な4WDシステムを備えたSUVのテイストを持つクロスオーバーとされている。ダイナミックなクロスオーバー・デザイン、従来型のスイフトのプラットフォームを使用したSX4から、一クラス上のCセグメントとし、ゆったりとした室内空間と大きなラゲッジスペースを確保する。

さらに4WDモデルには最先端の4WDシステム「ALLGRIP(オールグリップ)」を採用し、高い走破性能とハンドリング性能を両立。動力性能と燃費を両立させた新パワートレーンなどを備えている。

スズキ 新型SX4 S-クロス

スズキ 新型SX4 S-クロススズキ 新型SX4 S-クロス リヤ

 

◆ボディ&シャシー

エクステリアは、エアロダイナミクス、エモーション、クオリティをテーマにし、ダイナミックなクロスオーバー・デザインを採用した。タイヤは、クロスオーバーにふさわしくフェンダーアーチに樹脂製オーバーフェンダーを装着している。

ボディサイズは、全長4300mm、全幅1765mm、全高1575mm、ホイールベース2600mmとCセグメントサイズにしている。

スズキ 新型SX4 S-クロス

スズキ 新型SX4 S-クロススズキ 新型SX4 S-クロス

 

インテリアはワイド感を強調し、シンプルにまとめたインスツルメントパネルを備え、パネル前面はソフトパッド、部分的にシルバー加飾を用いるなど、簡潔さと質感の両立を図っている。装備ではクルーズコントロール、リヤシート・リクライニング、4WD車は運転席と助手席にシートヒーターなども装備している。

スズキ 新型SX4 S-クロス パッケージ

スズキ 新型SX4 S-クロス リヤラゲッジスズキ 新型SX4 S-クロス ラゲッジボード

 

パッケージングはCセグメントにふさわしく、前後シートともに大人にも十分な居住スペースとし、ラゲッジスペースも420L、ラゲッジボードを取り外すと430Lの容量が得られる。このラゲッジスペースにはリヤシートを折り畳むことなく9.5インチ・ゴルフバックが3セット積載できる。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる